香港中学文憑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

香港中学文憑(ほんこんちゅうがくもんひょう)は、香港2012年から新設される公開の試験である。

概略[編集]

香港の教育改革により、2009年9月から中学4年生に進級する生徒は、新制の三三四学制となる。そのため、新制の最初の生徒は、2011年9月に6年生に進級する予定、2012年の4月、5月ごろ、新設の香港中学文憑という公開の試験の最初の受験生となる。

この試験の結果は、JUPAS[1]または独自選抜などを経て、大学、または職業高等学校などに入ることになっている。

これに対する旧制の三二二三学制が、新制は新設の科目が数多くある。日本語などの外国語が新設されている。

大学入試のために、中国語英語が必修の科目となっているが、若しくは中国語(主に広東語北京語)を母語にしていない人は、英語以外の外国語の及格は中国語及格として扱い特例措置がある(中国語が必修となくなること)。ただし、一部大学ではその措置を認めていない、他の中国語テスト(国際中等普通教育証明書(IGCSE)の中国語試験)などの及格が必要。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ Joint University Programmes Admissions Systemの略で、大学教育資助委員会メンバーである8所の公立大学香港大学香港中文大学香港理工大学香港城市大学香港浸会大学香港科技大学香港教育学院嶺南大学)及び香港公開大学は、本試験または香港高級程度会考(2012年まで)の成績を元に、上記9校の学士と公営準学士選抜が行われる統一システム。なお、高校受験生の公立大学の入学は、JUPASを経てしなければならない(外国人学校の在学者など試験不参加者は、この制限の対象外)。