霧が晴れていく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霧が晴れていく』(きりがはれていく、Tagen letter)は、カール・ニールセンの劇音楽『』op.41、FS.94(1920年作曲)の中の1曲。フルートハープによる。

『母』の中ではこの一曲が今日も演奏の機会に恵まれる。ハ長調ハ短調の対比による美しい旋律が特徴的。

演奏時間[編集]

およそ2分(繰り返しなし)

備考[編集]

フィギュアスケート選手の村主章枝が、フルート協奏曲と共に使用したことがある。