阿含・桐山杯日中決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿含・桐山杯日中決戦(あごん・きりやまはいにっちゅうけっせん)は、囲碁棋戦で、日本阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦と、中国阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦の優勝者同士による対抗戦形式で行われる。2000年から開始。中国語名称は阿含・桐山杯中日囲棋快棋対抗賽

アコム杯全日本早碁オープン戦が阿含・桐山杯となり、中国の阿含・桐山杯が開始された1999年に、両優勝者同士の決戦として創設された。

方式[編集]

  • 対戦は一番勝負。
  • 持時間は、1-2回は各1時間、秒読み1分。3回から1分の考慮時間10回、秒読み30秒。
  • コミは1-4回は5目半、5回から6目半。
  • 開催地は日本と中国の交互とし、ルールは開催地のルール。1回は北京で開催。


結果[編集]

(左が勝者)

  1. 2000年 小林光一 - 馬暁春
  2. 2000年 趙善津 - 周鶴洋
  3. 2002年 趙善津 - 劉菁
  4. 2002年 趙治勲 - 兪斌
  5. 2004年 古力 - 加藤正夫
  6. 2004年 周鶴洋 - 羽根直樹
  7. 2006年 古力 - 井山裕太
  8. 2006年 劉星 - 張栩
  9. 2007年 劉星 - 張栩
  10. 2009年 古力 - 張栩
  11. 2009年 孫騰宇 - 羽根直樹
  12. 2010年 邱峻 - 山下敬吾
  13. 2011年 朴文尭 - 井山裕太
  14. 2013年 古力 - 張栩
  15. 2013年 連笑 - 村川大介

参考文献[編集]

  • 『囲碁年鑑 平成13年度版』日本棋院 2001年

外部リンク[編集]