阮福源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阮福源(グェン・フック・グェン、Nguyễn Phúc Nguyên1563年 - 1635年)は、ベトナム広南国君主廟号は熙宗。諡号は孝文皇帝。阮潢の六男。

経歴[編集]

1613年、阮潢が死去すると、後を嗣ぎ、ベトナム南部を統治した。父王の政策を継承して、鄭松の擁する後黎朝の支配を拒絶した。ただ阮潢とは違って、阮福源は王を自称せず、「仁国公」(Nhơn Quốc Công)の称号を用いた。

1615年ごろ、阮福源はポルトガル商人に対してファイフォ(Faifo)を開港することを許可した。ポルトガル商人からヨーロッパの先進的な大砲を入手し、ヨーロッパの船舶の設計方法を学んで、のちの鄭阮戦争に利用した。ファイフォ港は西太平洋の重要な貿易港のひとつとして発展した。明朝清朝の海禁政策のため、多くの日本商人が中国を置いてベトナムにやってきた。日本商人は中国の絹や陶磁の製品を獲得するため、ファイフォ港で交易した。

1620年ごろ、阮福源は娘の阮氏玉万(Nguyễn Thị Ngọc Vạn)をカンボジア王チェイ・チェッター2世(Chey Chetta II)にとつがせた。

1623年、後黎朝の権臣の鄭松が死去し、その子の鄭梉が後を嗣ぐと、阮福源に対して朝貢を要求してきた。1624年、阮福源は鄭梉の要求を拒否した。3年後、鄭梉は御林軍を率いて南下し、阮氏を討伐した。これが鄭阮戦争のはじまりとなった。第1次の戦役は4カ月間つづき、阮福源は御林軍を撃退し、富春を守りきった。御林軍の撤退後、阮福源は領土を防衛するためにリン河の南に11キロにわたる長城を築き、ヨーロッパ式の大砲を配備して、鄭主の進攻にそなえた。

1633年、鄭梉の率いる御林軍が再度南下してくると、阮福源の軍隊は日麗(Nhat-Le)の海戦で御林軍を撃破した。

1635年、死去した。死後に長衍陵(Trường diễn Lăng)に葬られた。1803年、かれの子孫の阮福映阮朝を建国すると、熙宗(Huy Tông)の廟号を贈られ、顕謨光烈温恭明睿翼善綏猷孝文皇帝(Hiển Mô Quang Liệt Ôn Cung Minh Duệ Dực Thiện Tuy Du Hiếu Văn Hoàng Đế)と諡された。

子女[編集]

[編集]

  • Nguyễn Phúc Kỳ(阮福淇)
  • Nguyễn Phúc Lan阮福瀾
  • Nguyễn Phúc Anh(阮福渶)
  • Nguyễn Phúc Trung(阮福忠)
  • Nguyễn Phúc An
  • Nguyễn Phúc Vĩnh
  • Nguyễn Phúc Lộc
  • Nguyễn Phúc Tú(阮福泗)
  • Nguyễn Phúc Thiệu
  • Nguyễn Phúc Vinh
  • Nguyễn Phúc Đôn

[編集]

  • Nguyễn Phúc Ngọc Liên
  • Nguyễn Phúc Ngọc Vạn(阮福玉万、真臘チェイ・チェッタ2世に嫁ぐ)
  • Nguyễn Phúc Ngọc Khoa(阮福玉姱、チャンパ王Po Romêに嫁ぐ)
  • Nguyễn Phúc Ngọc Đỉnh
先代:
阮潢
ベトナムの国王
広南国
1613年 - 1635年
次代:
阮福瀾