金衍洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金衍洙
[[ファイル:Kim Yeon-su.jpg|]]
誕生 1970年????
韓国の旗 韓国慶尚北道(キョンサンブクド)金泉(キムチョン)
職業 小説家
言語 韓国語
活動期間 1993年 -
ジャンル 小説
処女作 강화에 대하여 (江華について)」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
金衍洙
各種表記
ハングル 김연수[1]
漢字 金衍洙
発音: キム・ヨンス
テンプレートを表示

金衍洙(キム・ヨンス、1970年 - )、は1993年に登壇して以来、20年以上にわたり、韓国文学界の中心で精力的な活動を繰り広げている。彼は、「現世代の最も知'性的な作家」という評価にふさわしく、人文学に関する豊かな教養をもっ小説家で、科学知識から歴史に至るまでの豊富な資料を巧みに組み合わせ、小説を書くのに長けている。


略歴[編集]

本名はキム•ヨンス。慶尚北道金泉から生まれ成均館大学英語英文学科を卒業した。大学3年生の1993年、季刊"作家の世界"夏号に時<強化について>他4編を発表し、詩人に登壇し、翌1994年に長編小説 <仮面を指して歩く>に第3回作家世界文学賞を受賞して小説家として創作活動を開始した。長編小説<グッパイイサン> 2001年に東西文学賞を受けており、短編小説集<私がまだ子供だったとき>に2003年同人文学賞を、短編小説集<私はゴーストライターです>で、2005年大山文学賞を、短編小説 "月に間のコメディアン>に2007年ファン•スンウォン文学賞を、短編小説 "歩いている人の5つの楽しみ>に2009年以上の賞を受けた。大衆音楽評論家やジャーナリストとしても活動し、 2009年に公開されたホン•サンス監督の<よく知りもしない>に出演している。

年譜[編集]

  • 1994作品名 "仮面を指して歩く" -  第3回作家世界文学賞
  • 2001作品名 "クッパイイサン"  -  東西文学賞
  • 2003作品名 "私はまだ子供だったとき" - 同人文学賞
  • 2005作品名 "私はゴーストライターです" - 大山文学賞
  • 2007作品名 "月に行ったコメディアン" - ファン•スンウォン文学賞
  • 2009作品名 "歩いている人の5つの楽しみ" - イサン文学賞

代表作品[編集]

<長編小説>

  • 1994年、仮面を指して歩く(가면을 가리키며 걷기)
  • 1997年、7番国道(7번국도)
  • 2001年、グッパイ、イショ(꾿빠이 이상)
  • 2003年、愛なんて、ソンヨン(사랑이라니, 선영아)
  • 2007年、あなたが誰とか、どのぐらい寂しいか(네가 누구든 얼마나 외롭든)
  • 2008年、夜は歌う(밤은 노래한다)
  • 2010年、7番国道REVISITED(7번국도 REVISITED)
  • 2012年、ワンダーボーイ(원더보이)
  • 2012年、波が海の仕事なら(파도가 바다의 일이라면)


<小説集>

  • 2000年、二十歳(스무살)
  • 2002年、私がまだ子供だったとき(내가 아직 아이였을때)
  • 2005年、私はゴーストライターです(나는 유령작가입니다)
  • 2009年、世界終わりのガールフレンド(세계의 끝 여자친구)

<エッセイ集>

  • 2004年、青春の文章(청춘의 문장들)
  • 2007年、読んで、聞いて、走る(읽GO 듣GO 달린다)
  • 2008年、旅行する権利(여행할 권리)
  • 2012年、負けないという話(지지 않는 다는 말)

日本語で読める作品[編集]

{ }

脚注[編集]