李箱文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李箱文学賞
各種表記
ハングル 이상문학상
漢字 李箱文學賞
発音 イサンムンハクサン
テンプレートを表示

李箱文学賞(イサンぶんがくしょう)は韓国文学賞


概説[編集]

李箱文学賞は李箱の功績を称えて、文学思想社から1年に1度送られる。第1回は1977年金承鈺が『서울의 달빛 0장』で受賞した。審査対象は前年度の1月から12月までに文芸誌及び各雑誌で発表された中篇もしくは短篇の純文学作品であり、受賞作品は受賞作品集として1月に発売される。作品集の題名は『~年 第~回 李箱文学賞作品集「対象受賞作名」』の形式となる。受賞作は規定によりその版権は文学思想社に帰属することになるため(但し第2次著作権は作家に帰属)、受賞するかどうかを予め作家に確認している。


歴代受賞作品[編集]

  • 第1回 (1977年) – 金承鈺서울의 달빛 0장
  • 第2回 (1978年) – 李清俊잔인한 도시
  • 第3回 (1979年) – 呉貞姫저녁의 게임
  • 第4回 (1980年) – 柳在用관계
  • 第5回 (1981年) – 朴婉緒엄마의 말뚝
  • 第6回 (1982年) – 崔仁浩깊고 푸른 밤
  • 第7回 (1983年) – 徐永恩먼 그대
  • 第8回 (1984年) – 李均永어두운 기억의 저편
  • 第9回 (1985年) – 李祭夏나그네는 길에서도 쉬지 않는다
  • 第10回 (1986年) – 崔一男흐르는 북
  • 第11回 (1987年) – 李文烈우리들의 일그러진 영웅
  • 第12回 (1988年) – 林哲佑붉은 방〉, 韓勝源해변의 길손
  • 第13回 (1989年) – 金采原겨울의 환
  • 第14回 (1990年) – 金源一마음의 감옥
  • 第15回 (1991年) – 趙星基우리 시대의 소설가
  • 第16回 (1992年) – 梁貴子숨은 꽃
  • 第17回 (1993年) – 崔秀哲얼음의 도가니
  • 第18回 (1994年) – 崔允하나코는 없다
  • 第19回 (1995年) – 尹厚明하얀 배
  • 第20回 (1996年) – 尹大寧천지간
  • 第21回 (1997年) – 金知原사랑의 예감
  • 第22回 (1998年) – 殷熙耕아내의 상자
  • 第23回 (1999年) – 朴相禹내 마음의 옥탑방
  • 第24回 (2000年) – 李仁和시인의 별
  • 第25回 (2001年) – 申京淑부석사
  • 第26回 (2002年) – クォン・チエ뱀장어 수프
  • 第27回 (2003年) – 金仁淑바다와 나비
  • 第28回 (2004年) – 金薫화장
  • 第29回 (2005年) – 韓江몽고반점
  • 第30回 (2006年) – 鄭美景밤이여, 나뉘어라
  • 第31回 (2007年) – 全鏡潾천사는 여기 머문다
  • 第32回 (2008年) - クォン・ヨソン사랑을 믿다
  • 第33回 (2009年) – 金衍洙산책하는 이들의 다섯 가지 즐거움
  • 第34回 (2010年) – 朴玟奎아침의 문〉(「朝の門」、パク・ミンギュ『カステラ』に収録、図書出版クレイン、2014年4月)
  • 第35回 (2011年) - 孔枝泳맨발로 글목을 돌다
  • 第36回 (2012年) - 金英夏옥수수와 나
  • 第37回 (2013年) - 金愛爛침묵의 미래
  • 第38回 (2014年) - 片恵英몬순