金属アセチリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金属アセチリド(きんぞくアセチリド、: metal acetylide)とは、アセチレン水素の一方、あるいは双方を金属で置換した炭化物の一種の総称である。単にアセチリドとも称する。

HC≡CH + 2Ag+ → AgC≡CAg + 2H+
HC≡CH + n-C4H9Li → HC≡CLi + n-C4H10

炭化カルシウム CaC2 をはじめ、炭化ナトリウム Na2C2 または NaC2H、炭化アルミニウム Al2C6炭化銅(I) CuC≡CCu、炭化銀(I) AgC≡CAg または RC≡CAg などが代表的な金属アセチリドである。

M2C2 型アセチリドはアルカリ金属(I)、(I)、(I)など、MC2 型アセチリドはアルカリ土類金属亜鉛希土類元素ウラントリウムなど、MHC2 ないしは MRC2 型アセチリドはアルカリ金属、銅(I)、銀(I)、金(I)などで見られる。

アルカリ金属あるいはマグネシウムのアセチリドは加熱した金属にアセチレンを導入することによって生成する。アルカリ金属のアセチリドは金属塩のアンモニア水溶液にアセチレンを吹き込むことでも生成する。アルカリ金属以外の場合は金属酸化物を過剰の炭素と加熱しても生成する。

炭化カルシウム CaC2と反応するとアセチレンを生成するが、二炭化ウラン炭化トリウムは水と反応してアセチレン、メタンエチレン、水素を同時に発生する。

銅(I)、銀(I)、金(I)のアセチリドは爆発性を持つ。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 長倉三郎 ほか(編)「アセチリド」『岩波理化学辞典』CD-ROM 版,第5版,岩波書店,1998年
  • 大滝仁志「アセチリド」『世界大百科事典』CD-ROM版,平凡社,1998年
  • 専門基礎ライブラリー『基礎化学1 物質の構成と変化』 ISBN 978-4-407-30853-2 実教出版株式会社, 2006年第1刷発行