金宇中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金宇中
各種表記
ハングル 김우중
漢字 金宇中
発音: キム・ウジュン
ローマ字 Kim U-jung
テンプレートを表示

金宇中(キム・ウジュン、1936年12月19日 - )は大韓民国実業家、前大宇グループ会長。

大邱出身。京畿中学校、同高校を経、1960年延世大学校経済学科卒業。1960年から1966年まで漢城実業に勤務し、1967年ソウル中区忠武路で大宇実業を創業した。資本金は500万ウォンだったが、東南アジア米国市場に進出して成功し、1970年代に大宇建設、大宇証券、大宇電子、大宇造船などを次々に創設、新興財閥となった。

しかし、1998年アジア経済危機で韓国経済は大打撃を受け、1999年大宇グループも解体され、検察庁から違法容疑で取り調べを受けたため、当時の日本円で5兆円近い大金を持ち出し、韓国を出国したまま消息不明になっていた。

2005年6月14日に韓国に帰国し、検察庁により調査され、2006年11月3日に裁判所の判決が下り、懲役8年6ヵ月の他、罰金や追徴金が課せられた。

だが、2007年12月31日に大統領特赦を受ける。

1996年フランス政府よりレジオンドヌール勲章を授与された。