野生児ピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野生児ピーターの墓

野生児ピーター(Peter the Wild Boy、:Wilder Peter von Hameln、? - 1785年2月22日)は1725年の春、ドイツハーメルン付近の森で発見された男児。後にジョージ1世により大英帝国に招かれ、教育を受けたが殆ど言葉を話すことが出来なかった。彼はスウィフトの小説のモデルともなった。

ピーターの生涯[編集]

発見された当時、彼はおよそ12歳で、裸[1]で動物のように四つんばいになって歩いていた。人が近づくと奇声をあげて木々の間を逃げ去った。草と葉を食べて生きていたとされている。発見された当時「裸の、褐色がかった、黒い髪の生きもの」と報告された。

ピーターの生い立ちに興味を抱いたジョージ1世によってイギリスに連れてこられた。 ピーターは正装をさせられて王宮の会食のテーブルについたが、マナーを理解できなかったため、大騒ぎとなった。彼はパン以外、野菜、果物、生肉を大量に食したと記録されている。

1726年の春、森へ逃げ込み騒ぎを起こしている。彼が連れ戻された時、キャロライン王女の近くで暮らすことを望み、王女のはからいで、王室のペットとして、王女のウエストエンドの別荘で暮らすことが許される。ピーターは毎朝スーツを着込む事には熱心だったが、夜は床に丸まって寝たとされている。

ピーターに関する興味と憶測はロンドン中を騒がせ、懐疑的なジョナサン・スウィフトによって風刺とからかいの対象となった。彼の肖像画の入ったポスターは今も残っている。

彼に対する教育は目立った成果がなく、言葉も殆ど話せなかったとされている。1728年には王女の別荘を離れ、ハートフォードシャーノースチャーチにある農家に移り住むこととなり、ピーターは農家の手伝いをして暮らした。生活費として王家から年35ポンドが生涯の間、支給されつづけた。

ピーターはジンと音楽を好み、疲れるまで奇妙なダンスに熱中したとされる。そしてあちらこちら徘徊し、何度も不審者として逮捕されてしまうため、ついに名前と住所入りの頑丈な革の首輪がつけられてしまった。

ピーターは1785年2月22日に亡くなった。推定70歳没。彼の墓はノースチャーチにあるセントメリーズ教会の入り口に現存している。[2]

研究[編集]

彼が森で生き抜いた期間はおよそ1年間であろうと推測されている。 その後の研究で、ピーターの行動が軽度の自閉症と父親から受けたネグレクト及びその後、森で獲得した習慣の複合であろうと考えられている。[3]

脚注[編集]

  1. ^ シャツの切れ端だけで殆ど裸だったという証言もある。
  2. ^ 『Peter the Wild Boy』by en:Roger Moorhouse
  3. ^ FeralChildren.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]