野口幽香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野口 幽香(のぐち ゆか、慶応2年2月1日1866年3月17日) - 昭和25年(1950年1月27日、女性)は、日本の幼児教育者、社会事業家。本名は野口 ゆか

略歴[編集]

  • 1894年(明治27年)、華族女学校付属幼稚園が設置された際、幽香が選出され華族女学校付属幼稚園に異動となった。この幼稚園の通勤途中に見ていた、道端で地面に字を書いて遊んでいる子供と、多数の付き添いに命令する付属幼稚園の園児との間に落差を感じ、貧しい子供たちにも保育をと考えるようになった。
現在の二葉南元幼稚園
(新宿区南元町
  • 1900年(明治33年)1月、貧しい子供たちの為に二葉幼稚園を設立。森島美根と共に設立したこの園は、下六番町の小さな借家を利用したものだった。
  • 1906年(明治39年)、明治の三大貧民窟のひとつであった東京・四谷鮫河橋(現在の新宿区南元町の一部)に二葉幼稚園を移転。皇室御料地を無料で借りたもので、本格的な「貧民幼稚園」の始まりとなった。
  • 1916年(大正5年)、事業や社会制度の変化に合わせて二葉幼稚園二葉保育園に改称。内藤新宿南町(現在の新宿の一部)に分園を設立。
  • 1922年(大正11年)、本園に不就学児童のための小学部、母子ホームの先駆となった母の家を設置。
  • 1935年昭和10年)、徳永恕に園の一切を託し、引退。
  • 1950年(昭和25年)1月27日、上落合の自宅で84歳で死去。生涯独身であった。

脚注[編集]

  1. ^ 羽鳥明『イエスはわがいのち』(1992年),p.47

外部リンク[編集]