軸 (機械要素)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(じく,axis)は回転によって動力を伝える機械要素である。動力の中心要素であるため比喩に使われることがある(→枢軸国など)。

種類[編集]

車軸 (Axle)
鉄道の車両や自動車などに使用される軸。仕事をする軸。
主軸 (Shaft)
一般機械に利用される軸。高い精度、高対磨耗。
プロペラ軸 (Propeller shaft)
動力源から仕事をする部分に動力を伝えるための軸。
クランク軸 (Crank shaft)
回転運動と往復運動の変換を行う軸。クランクを参照。

軸の力学[編集]

トルクを受ける軸[編集]

モーターなどからの動力を受ける軸などがこれにあたる。

軸がもらう動力をP(W)、軸のトルクをT(Nm)、動力の回転数をn(rpm)とすると、

P = \frac{2\pi nT}{60}

となる。

また、この軸の太さを決定するときの式を以下に示す。

d \ge \left(\frac{16T}{\pi{\tau}_a}\right)^{\frac{1}{3}}

ここで、dは軸の直径、\tau_a応力を表す。

曲げを受ける軸[編集]

車軸など、上に物を載せて軸で受けるような軸にはトルクが少なく曲げが作用する。このことから軸の太さは曲げの作用から求める。曲げモーメントをM(Nm)、許容曲げ応力を\sigma_aとするとき、以下の式で軸の太さを求められる。

d \ge \left(\frac{32M}{\pi\sigma_a}\right)^{\frac{1}{3}}

歯車やベルト車のついた軸[編集]

歯車ベルト車がついた軸ではトルクと曲げモーメントが同時に発生する。この場合のトルクをT_e、曲げモーメントをM_eとすると、

T_e = \sqrt{M^2 + T^2}
M_e = \frac{1}{2}\left(M + \sqrt{M^2 + T^2}\right)

となる。

関連項目[編集]