赤道ギニア進歩党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

赤道ギニア進歩党(せきどうギニアしんぽとう)は、赤道ギニア政党赤道ギニア民主党(PDGE)による一党支配が形式的に終了した1990年代前半に結成。市場経済民主主義を掲げる。

党名[編集]

  • スペイン語ではPartido del Progreso de Guinea Ecuatorialで、略称はPPGE
  • 英語ではProgress Party of Equatorial Guinea

現況[編集]

最大野党として常に与党PDGEを批判する立場にあるが、軍隊を背景とした政府の相次ぐ弾圧により、党首セベロ・モトヌサスペインに亡命。そして赤道ギニア亡命政府を樹立した。

PPGE幹部の大半は赤道ギニア国内に残り活動を続けているが、政府・与党によりその多くが国家反逆罪に問われ、迫害されている。その最たる例としては、モトヌサ党首は2005年3月19日から4月30日クロアチア首都ザグレブで最後に確認されてからスペインの首都・マドリードで発見されるまでの約1ヵ月半にわたり、行方不明となっていたことが挙げられる。この件について、亡命政府所在地であるスペインの各有力紙は、赤道ギニア政府の当局に殺害されたとの見方を強めていた。モトヌサ本人は、「暗殺されかけたが、カトリック信者ゆえに難を逃れた」と語った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]