貞純王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
貞純王后
各種表記
ハングル 정순왕후
漢字 貞純王后
発音: チョンスンワンフ
日本語読み: ていじゅんおうごう
ローマ字 Queen Jeongsun
テンプレートを表示

貞純王后金氏(ていじゅんおうごうきんし、チョンスンワンフ・キムシ、乾隆10年11月10日1745年12月2日) - 嘉慶10年1月12日1805年2月11日))は李氏朝鮮21代国王英祖の2番目の王妃(継室)。慶州金氏諡号は睿順聖哲荘僖恵徽翼烈明宣綏敬光献隆仁正顕昭粛靖憲貞純王后。驪州にて鰲興府院君金漢と原豊府夫人の間に生まれた。

生涯[編集]

1757年貞聖王后韓国語版が没すると、英祖は後宮から新しい王妃を選ぶことをせず、1759年揀擇令を発し、仁元王后韓国語版と同じ新安東金氏から、金漢耈韓国語版の娘である貞純王后を王妃として迎えた。当時英祖は66歳、貞純王后は15歳であり、李朝歴代王の中で、最も年齢差の大きい婚姻であった。貞純王后は英祖の子である王世子荘献世子よりも歳が若かったが、一族と共に荘献世子の死に関与したことから荘献世子の遺児正祖との仲は悪かった。

1800年純祖の即位直後より垂簾聴政を行い、取り止めるまでの3年間権力を振るった。この間に貞純王后は天主教信者を含む南人系の実学者達を弾圧し(辛酉邪獄韓国語版)、丁若鏞李家煥等を粛清した。1803年12月に垂簾聴政を取りやめ、1805年昌徳宮景福殿にて死没した。享年61。英祖の陵である元陵に埋葬された。

彼女の死後は安東金氏による勢道政治韓国語版が始まる事となった。

登場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]