西原由記子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西原 由記子(にしはら ゆきこ、1933年昭和8年)2月11日 - 2014年平成26年)2月7日)は、日本での自殺防止センターの創設者。兵庫県尼崎市生まれ。

概要[編集]

夫の西原明は、1966年より1998年3月31日までの32年間、大阪市心斎橋島之内教会で牧師を務めた。この時期に西原夫妻は関西いのちの電話の創設に参加。その中から一部のメンバーと独立して、1978年に島之内教会内に「自殺防止センター(現大阪自殺防止センター)」を開き、24時間の受付対応を実施した。

1998年に上京し、日本基督教団シロアム教会内に「東京自殺防止センター」を開設し所長を勤める。その後、所属する国際団体の団体名の解消に伴い、同施設は国際ビフレンダ―ズ・東京自殺防止センターと改称した。

聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)のスタッフでもある。

2014年2月7日脳梗塞のため80歳で死去[1]

受賞・表彰歴[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]