藤田西湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤田 西湖(ふじた せいこ、1899年明治32年)8月 - 1966年昭和41年)1月4日)は、甲賀流忍術を受け継いだ武術家。東京生まれ。甲賀流忍術第14世を自称し、「最後の忍者」という異名を持つ。甲賀流忍術以外に南蛮殺到流拳法大円流杖術心月流手裏剣術一伝流捕手術も継承していたとされる。

但し、現在も川上仁一初見良昭等忍術を伝承したと称する武術家が複数存在する為、藤田西湖が本当の意味での最後の忍者と言えるかどうかには異論がある。言わば一種のキャッチフレーズといえるが、その能力をもって政府機関に所属したという意味では「最後」ともいえる。

太平洋戦争中は、陸軍中野学校において南蛮殺到流拳法を指導した。(甲賀流忍術を指導したとする説もあるが、藤田は甲賀流忍術は誰にも教えなかったとされている)

戦後摩文仁賢和糸東流空手道開祖)ほか糸東流の師範数名に南蛮殺到流拳法を教えた。このうち岩田万蔵が、甲賀流忍術以外の藤田が伝承していた流派全てを継承した。

日本伝統武術の古文献を収集し、借覧しかできないものは筆写した。藤田の死後、これらの膨大な資料は遺族によって小田原市に寄贈され、現在は小田原市立図書館に「藤田西湖文庫」として収蔵されている。藤田西湖文庫は現在も武道史の研究者に活用されている。

著作[編集]

  • 藤田西湖 『最後の忍者どろんろん』(新風舎、2004年、初版1958年)
  • 藤田西湖 『忍術秘録』(壮神社、2004年)
  • 藤田西湖 『拳法極意 當身殺活法明解』(名著刊行会)
  • 藤田西湖 『図解 手裏剣術』(名著刊行会)
  • 藤田西湖 『図解捕縄術』(名著刊行会)
  • 藤田西湖 『神道夢想流杖術図解』(名著刊行会)