至聖三者大門教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
至聖三者大門教会

至聖三者大門教会ウクライナ語: Троїцька надбрамна церква)は、ウクライナ首都キエフにおける洞窟大修道院に属する教会。大修道院の大門の上に位置していることから、大門教会と呼ばれる。1106年から1108年の間に建立された。1240年にキエフがモンゴル軍によって大修道院の生神女就寝大聖堂が破壊されると、大修道院の主要な教会となった。18世紀初めにコサック頭領イヴァン・マゼーパの援助金により復元され、ウクライナ・バロック様式に建てかえられた。1957年から1958年にかけて教会の内外において本格的な復元作業が行われた。

関連記事[編集]

参考文献[編集]

  • (日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史 』/ 伊東孝之,井内敏夫,中井和夫. 山川出版社, 1998.12. (新版世界各国史 ; 20)

外部リンク[編集]