股布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

股布(またぬの)は、ズボンパンティー・ショーツ等の部にある補強目的の生地を2重に縫製した部分。一般的にはクロッチシック部などと呼ばれる。

クロッチの始まりは、19世紀ヨーロッパ乗馬ズボンの補強布といわれている。アメリカでは極端に布が手に入り難かった開拓時代初頭、合理的に弱った布の部分だけ繕えるようズボンの身頃と股布を型紙別にパターン取りし、縫製したズボン「モンキーパンツ」がカウボーイに広まった。現代でも男性用のタイツステテコ猿股パッチ等にこの股布が縫製されるのは、明治時代に導入された洋装の余波と推測される。

下着の場合、尿おりものなどが付着して汚れやすいため、これらの汚れを受ける目的で底部を2重にするものが多い。下着本体がナイロン製などの素材でも、肌にあたるクロッチは綿製であることもある。トイレットトレーニング用のトレーニングパンツ、軽失禁ショーツ、老人用パンツ、介護パンツ、サニタリーショーツでは、股布部分にベビービニールあるいはその他の防水布を施したり、尿などを吸収するおむつを組み込んだ製品もある。また、生理用ナプキンおりものシート等は、一般的には股布部分に装着する。