聖書への批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖書への批判の項目ではユダヤ教キリスト教の聖典である聖書への批判について記述する。

並行記事の矛盾について[編集]

聖書には同じ対象を書いたものでも矛盾した記述が存在する。イエスの生涯を描いた四福音書でもしばしば並行記事が食い違っており、創世記にある二通りの創造も字義通りにとれば矛盾してしまうと思われる場合もある。信者にはこれらを矛盾と考えず調和化しようとする人もいる。堀尾幸司は自著のなかで、ユダの二通りの死に方をつなぎ合わせ、首を吊って自殺した後に紐が切れ、死体が落ちて裂けたのだとした[1]久保有政は聖書記事の矛盾を説明したサイトに福音書に矛盾はないというメールを送っているが、これは福音書の記述を取り除いたり加筆した上でのものであった。

このような立場に対し、たとえば矢内原忠雄は、2つの創造説が字義通りには矛盾するが、創造における神の目的や被造物の位置付けを表現したものとして象徴的に解釈する[2]青野太潮は神ならぬ人間が解釈し、記録した聖書が無謬であることはありえないとして矛盾があることを認め、そこから導き出した信仰的意義を述べている[3]

科学的間違いについて[編集]

聖書もまた古代の神話的世界観のもとに書かれた文書であり、そこには字義通りに読むと科学と矛盾する文章も見られる。現に、字義通りに聖書を解釈する立場から進化論地質学を攻撃する人々が存在している。科学主義者や合理主義者もまた章句を直解した際に起こる齟齬をもって聖書を無知蒙昧の書と非難している。

これに対し、当時の科学的知識が不十分であることが宗教的価値を損ねることはないと主張するキリスト教徒もおり、聖書をもとに科学的知識を否定することに対しても批判を加えている。こうしたスタンスは4世紀の教父アウグスティヌスにもみられる。アウグスティヌスは、非キリスト教徒が持つ自然界についての知識を、キリスト教徒が聖書を元に否定することで聖書そのものまで嘲笑されることを懸念し[4]、学問上の知識と矛盾する場合には聖書を象徴的に解釈することをすすめた。

現代のエキュメニカル・リベラルな教団レベルでは聖書は科学の教科書ではないとし進化論などを否定しないことが少なくない。

聖書の倫理性について[編集]

モーセヨシュアが行った聖絶アブラハムイサクを神に捧げようとしたこと、エリシャによる熊を使った子供達の殺害、同性愛差別などが批判される。

バートランド・ラッセルは幼少時に牧師からエリシャの行動を正当化する話をされたが受け入れることはできなかったと語り、アブラハムやエリシャのエピソードは遠い昔の人間が陥った残酷さや邪悪さを説明するものとして語られなければならないとした[5]

他宗教の立場から[編集]

イスラム教[編集]

イスラム教では聖書のうち、タウラート(『モーセ五書』)、 『ザブール』(ダビデの『詩篇』)、『インジール』(イエスの『福音書』)を啓典と認めているが、ユダヤ教徒やキリスト教徒によって本来の形から改変・改竄されたとみなしており、『クルアーン』と矛盾する部分があれば否定される。イスラム教徒の中には本文批評の研究成果を援用して、自教の立場を裏付けようとする立場もある[6]

心霊主義(スピリチュアリズム)[編集]

シルバーバーチの霊訓にも、今伝わっている聖書には、原典には無いものが付け加えられているという記載がある[7]。霊訓集の編者の一人であるトニー・オーツセンの『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』にもイエスについての少ない記録もまた改竄され、ありもしないことを書き加えられた、と記され、聖書の記述には眉唾ものが多いとされている[8]

インペレーターの霊訓では旧約聖書に説かれる神観が否定的に言及されている[9]。時代ごとのレベルに合わせた神の啓示を受け取った霊感者たちの考えが神観になったとしている。聖書を構成する個々の書物は、伝説や伝承の寄せ集めに過ぎず、信用の置けないものとしている[10]

脚注[編集]

  1. ^ 堀尾幸司『キリスト殺しの真相 ユダヤ・イエス・聖書をめぐる誤解と真実』文芸社、2007年、148-149頁
  2. ^ 矢内原忠雄『聖書講義ⅴ 創世記 創世記研究』岩波書店、1978年、35-36頁
  3. ^ 青野太潮『どう読むか、聖書』朝日出版社〈朝日選書〉、1994年、65-85頁
  4. ^ アウグスティヌス『アウグスティヌス著作集 第16巻 創世記注解』片柳栄一訳、教文館、1994年、35-36頁
  5. ^ バートランド・ラッセル『バートランド・ラッセル著作集 7 教育論』魚津郁夫訳、みすず書房、1959年、170-171頁
  6. ^ 聖書の矛盾性を認めるキリスト教学者たち
  7. ^ シルバーバーチは語る 20章 青年牧師との論争
  8. ^ 10章 幼児期を過ぎれば、幼稚なオモチャは片づけるものです
  9. ^ 上巻・12節
  10. ^ 下巻・25節

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「聖書への批判」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。