翠銅鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
翠銅鉱
Dioptase Kazakhstan.jpg
分類 ケイ酸塩鉱物
化学式 CuSiO3·H2O
結晶系 三方晶系
へき開 なし
モース硬度 5
光沢 ガラス光沢
青緑色、濃緑色
条痕 無色
蛍光 なし
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

翠銅鉱(すいどうこう、Dioptase)は、を含むケイ酸塩鉱物の一種。

ロシア中央アフリカで産する。美しい緑色の結晶で産することから、鉱物標本として人気があるが、硬度が低いため宝飾に用いられることは少ない。

関連項目[編集]