糖脂質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
糖脂質の構造

糖脂質(とうししつ、Glycolipid)は、を結合した脂質である。エネルギーを供給したり、細胞認識の標識として働く。

糖脂質の分布と役割[編集]

糖脂質は細胞膜の表面でリン脂質と結合した状態で存在し、全ての真核生物の細胞膜表面で見られる。脂質二重膜内部から膜表面へ突き出すように存在し、特定の化合物認識サイトとして働いている。この働きによって細胞膜が安定し、別の細胞と結合して組織を形成するのに役立っている。なお、糖脂質は、細胞膜の二重層のうち外側にしか存在しない。これは、細胞膜の形成時に糖を付加する酵素ゴルジ体の内部にしか存在しないこと、糖脂質を外層から内層に輸送するフリッパーゼが存在しないことによる。

糖脂質の種類[編集]

関連項目[編集]