神言会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多治見修道院(2008年撮影)

神言会(しんげんかい、: Societas Verbi Divini 略称 S.V.D.)は1875年ドイツアーノルド・ヤンセンによって創設されたカトリック教会修道会。正式名称を神言修道会(しんげんしゅうどうかい)という。

日本における神言会[編集]

日本には1907年以降に到来し、名古屋教区新潟教区秋田県内すべての小教区)などで小教区の司牧を委託されている。なかでも東京教区吉祥寺教会は信徒数が5,000人[1]を超えるメガチャーチである。

その他に南山大学をはじめとする学校法人南山学園を中心として、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などの母体である。また、岐阜県多治見市多治見修道院がある。

当時の神言会士で日本管区長も務めたタルチシオ菊地功師は、2004年に前教区長の引退に伴って新潟教区長への指名を受け、新たに司教に叙階された。

創立者の列聖[編集]

2004年3月に、創立者のアーノルド・ヤンセン、同会司祭ヨゼフ・フライナデメッツは、バチカンサン・ピエトロ)において当時のローマ教皇であるヨハネ・パウロ2世によって聖人に列せられた。

関連する修道会[編集]

姉妹関係にある修道会に創立者を同じとする聖霊会があり、教育事業・社会事業(秋田聖霊女子短期大学、名古屋聖霊病院の運営など)を行っている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神言会 小教区
執筆の途中です この項目「神言会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。