狼犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狼犬(おおかみけん、ろうけん)とはイヌオオカミの交雑犬、若しくはその交配を元に作出した犬の品種のことである。英語ではウルフ=ドッグ・ハイブリッド(英:Wolf-dog hybrid)、ハイブリッド・ウルフ(英:Hybrid Wolf)、ウルフドッグ(英:Wolf dog)などと呼ばれる。

概要[編集]

狼犬は大型犬種のひとつ。ハスキーシェパードなどの犬種家畜化されたオオカミとを交配したものをこう呼ぶ(ウルフハイブリッドとも)。オオカミの血が75%以上のものをハイパーセントと呼び、外見がオオカミにより近いために好まれる傾向にある。

なお、便宜上犬種という呼称を使用するが、日本で犬種認定や犬籍登録を行うジャパンケネルクラブで純血犬種として認められるのはFCI公認犬種である「サーロス・ウルフホンド」及び「チェコスロバキアン・ウルフドッグ」であり、日本で一般的に見られるウルフドッグはアラスカカナダから輸入された交雑種であるために正式には犬種としては認められない。

特徴[編集]

サーロスウルフドッグ

身体的特徴は掛け合わされた犬種によってやや異なる。体高66cmから81cm。体重45Kgから70Kg。 姿形が似たハスキーなどと比べ一見すると痩せて見えるが、体毛の密集度が高いため寒冷には強い。耳は立ち耳で顔は細長く、聴力嗅覚は他犬種と比べても特に優れる。

性格面では身体面よりも個体差が大きいとされる。家畜を襲うオオカミのイメージから凶暴な犬種と見られがちであるが、飼い主がリーダーとして主導権を握っていれば無闇に人畜を襲うことはない。野生味が強いため警戒心は強い反面、自然環境で生存しようとする本能から、仲間と認めた者とは極めて良好な信頼関係が築かれる。その結びつきの強さは、イエイヌとして長い歴史をもつ他犬種よりはるかに強いとされる。

飼育[編集]

高度な社会性をもち、リーダーと認めた者には従順であるが、人間の家畜または愛玩動物として特化改良されてきた他犬種と比べると、馴致は困難な部類に入る。知能は非常に高いが独立性が強く、ブリーダートレーナーとして熟練した者でなければ、完全にしつけることは容易ではない。

飼育に必要な面積は一頭当たり30m2以上、理想的な運動量は一日2~3時間以上とされる。また跳躍力が非常に高く、個体によっては2~3m程度の柵を軽々と飛び越えるものもある。飼育に当たっては充分な敷地面積と設備があること、飼育者自身が飼育に時間を割けることが最低条件となる。

以上のような理由から、国内での飼育頭数はわずか500頭前後である。また、交配が行われているカナダやアメリカでは飼育環境の不備による脱走や、飼い主が扱いかねて放逐するケースが少なくないことから、このような犬種を交配、飼育することそのものに対する批判もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]