犯罪心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

犯罪心理学(はんざいしんりがく、英語:criminal psychology)は、犯罪事象を生ぜしめる犯罪者の特性や環境要因の解明を通して、犯罪予防や犯罪捜査、また犯罪者の更生に寄与することを目的とした心理学の一分野。応用心理学のひとつに分類される。

犯罪心理学の研究領域は、犯罪精神医学犯罪社会学刑事政策などと重なる部分も多い。また、犯罪学犯罪生物学)の一部門と捉えることもできる。

犯罪心理学という用語は、マスメディアなどでは犯罪精神医学と混同されて、区別なく用いられることが多い。

著名な研究者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]