源保光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

源 保光(みなもと の やすみつ、延長2年(924年) - 長徳元年5月9日995年6月9日))は、平安時代公卿醍醐源氏代明親王の次男。官位従二位中納言桃園中納言と号す。

経歴[編集]

天暦5年(951年)正月、従四位下に直叙。2月に文章生となる。天暦8年(954年民部大輔、天暦10年(956年侍従天徳2年(958年)には紀伊権守として、地方官に転じる。応和3年(963年)従四位上。康和3年(966年)正月、右中弁。同年9月には左中弁、康和5年(968年)に、右大弁と遷り、同年勘解由長官に任ぜられる。

安和2年(969年式部大輔蔵人頭を経て、天禄元年(970年)に参議、天禄2年(971年)に備前権守・左大弁を務める。天禄3年(972年正四位下に昇叙、天延2年(974年)2月、備前守を経て、天延4年(976年)正月には、従三位に叙され、貞元2年(977年近江守を兼ねる。

貞元3年(978年)に権中納言に昇進。永観2年(984年正三位永延2年(988年)に中納言に至る。

正暦6年(995年)正月に従二位に昇るも、当時流行した疫病により、長徳元年(995年)5月に薨去享年72。埋葬地ははじめ松前寺。左京にある邸宅は外孫の藤原行成に伝えられた。

官歴[編集]

  • 天暦3年(949年)2月20日:昇殿[1]
  • 天暦5年(951年)正月7日:従四位下(昇殿労。孫王) 2月20日:文章生[1]
  • 天暦6年(952年)正月26日:昇殿[1]
  • 天暦8年(954年)10月22日:民部大輔[1]
  • 天暦10年(956年)正月1日:侍従[1]
  • 天徳2年(958年)正月30日:紀伊権守[1]
  • 応和3年(963年)正月7日:従四位上[1]
  • 康和3年(966年)正月30日:右中弁 9月17日:左中弁[1]
  • 康和4年(967年)6月16日:昇殿(踐祚初) 9月1日:東宮昇殿[1]
  • 康和5年(968年)2月5日:右大弁 6月14日:勘解由長官[1]
  • 安和2年(969年)4月28日:式部大輔 去長官 8月13日:昇殿(踐祚初) 9月12日:蔵人頭[1]
  • 天禄元年(970年)8月5日:参議(右大弁式部大輔如元)[1]
  • 天禄2年(971年)正月21日:備前権守 12月(972年1月)15日:左大弁[2]
  • 天禄3年(972年)正月7日:正四位下[3]
  • 天延2年(974年)2月17日:備前守[4]
  • 天延4年(976年)正月7日:従三位[5]
  • 貞元2年(977年)正月28日:近江守[6]
  • 貞元3年(978年)10月2日:権中納言[7]
  • 永観2年(984年)8月9日:正三位(造宮行事賞)[8]
  • 永延2年(988年)正月29日:中納言[9]
  • 正暦6年(995年)正月7日:従二位[10]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 公卿補任』天禄元年条
  2. ^ 『公卿補任』天禄2年条
  3. ^ 『公卿補任』天禄3年条
  4. ^ 『公卿補任』天延2年条
  5. ^ 『公卿補任』天延4年条
  6. ^ 『公卿補任』貞元2年条
  7. ^ 『公卿補任』天元元年条
  8. ^ 『公卿補任』永観2年条
  9. ^ 『公卿補任』永延2年条
  10. ^ 『公卿補任』長徳元年条