温位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

圧力 P のときの空気塊温位(おんい、: potential temperature)とは、その気塊を標準的な参照圧力 P_{0}(通常1000hPa)へ断熱的に変化させたときの温度である。温位は \theta で表され、大気の場合、しばしば以下の式で与えられる。

 \theta = T \left(\frac{P_{0}}{P}\right)^{\frac{R}{c_{p}}}

このとき T は現在の気塊の絶対温度(単位 K)、R は大気の気体定数、そして c_{p} は一定圧力での比熱容量である。

事情[編集]

温位の概念はあらゆる成層流体に適用される。特に大気科学海洋学で使用される。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]