清涼殿落雷事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

清涼殿落雷事件(せいりょうでんらくらいじけん)は、平安時代延長8年6月26日ユリウス暦930年7月24日)に、内裏清涼殿落雷した事件。

概要[編集]

『北野天神縁起絵巻』に描かれた、清涼殿落雷事件

この年、平安京周辺は干害に見舞われており、6月26日に雨乞の実施の是非について醍醐天皇がいる清涼殿において太政官の会議が開かれることとなった。ところが、午後1時頃より愛宕山上空から黒雲が垂れ込めて平安京を覆いつくして雷雨が降り注ぎ、それから凡そ1時間半後に清涼殿の南西の第一柱に落雷が直撃した。

この時、周辺にいた公卿官人らが巻き込まれ、公卿では大納言民部卿藤原清貫が衣服に引火した上に胸を焼かれて即死、右中弁内蔵頭平希世も顔を焼かれて瀕死状態となった。清貫は陽明門から、希世は修明門から車で秘かに外に運び出されたが、希世も程なく死亡した。落雷は隣の紫宸殿にも走り、右兵衛佐美努忠包が髪を、同じく紀蔭連が腹を、安曇宗仁が膝を焼かれて死亡、更に警備の近衛も2名死亡した。

清涼殿にいて難を逃れた公卿たちは大混乱に陥り、醍醐天皇も急遽清涼殿から常寧殿に避難した。だが、惨状を目の当たりにして体調を崩し、3ヶ月後に崩御することとなる。

天皇の居所に落雷したということも衝撃的であったが、死亡した藤原清貫がかつて大宰府に左遷された菅原道真の動向監視を藤原時平に命じられていたこともあり、清貫は道真の怨霊に殺されたという噂が広まった。また、道真の怨霊がを操ったということとなり、道真が雷神になったという伝説が流布する契機にもなった。

日本紀略』一醍醐によれば、

延長八年六月廿六日戊午、諸卿侍殿上、各議請雨之事、午三刻従愛宕山上黒雲起、急有陰沢、俄而雷声大鳴、堕清涼殿坤第一柱上、有霹靂神火、侍殿上之者、大納言正三位兼行民部卿藤原朝臣清貫、衣焼胸裂夭亡(年六十四)又従四位下行右中弁兼内蔵頭平朝臣希世、顔焼而臥、又登紫宸殿者、右兵衛佐美努忠包、髪焼死亡、紀蔭連、腹燔悶乱、安曇宗仁膝焼而臥

といい、『扶桑略記』二十四裏書醍醐によれば

延長八年六月廿六日戊午、是日申一刻、雲薄雷鳴、諸衛立陣、左大臣以下群卿等、起陣侍清涼殿、殿上近習十余人連膝、但左丞相近御前、同三刻、旱天曀々、蔭雨濛々、疾雷風烈、閃電照臨、即大納言清貫卿、右中弁平希世朝臣震死、傍人不仰瞻、眼眩魂迷、或呼或走云々、先是登殿之上舎人等、倶於清涼殿南簷、右近衛茂景独撲滅、申四刻雨晴雷止、臥故清貫卿於蔀上、数人肩舁、出式乾門、載車還家、又荷希世修明門外車将去、上下之人、観如堵檣、如此騒動、未嘗有

という。

参考文献[編集]