浮き玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
約14インチの日本製
びん玉ロード(三重県志摩市

浮き玉(うきだま)は、中が空洞となっている球状の漁具[1]漁網を浮かせる目的や目印として、真珠の養殖でも用いられる[2]

(特に)ガラス製のものは、ビン玉と呼ばれることもある[3]

ビン玉[編集]

日本における漁業用浮き玉は従来は木製で、明治・大正時代のニシン漁の際などに活用されていたという。その後、ガラス製のものが誕生し普及した。ガラスの吹き玉が盛んだった小樽にある浅原硝子製造所への、水産試験場からの依頼(明治43年製造開始[4][5])がルーツという説がある[6]

マグロ延縄漁にも用いられたが[3][7]、需要も減少。プラスチック製の浮き玉(オレンジ色などのブイ)やラジオブイ[8]に移行していった[6]

再利用[編集]

三重県志摩市浜島町浜島の海岸沿いには、「びん玉ロード」があり[9][10]照明の外装として再利用されている。

海辺などにおける飲食店喫茶店スナック)でも、ガラス製の浮球(すなわちビン玉)を利用した照明が置かれていることがあるという[11]

三陸などでは、ビー玉風の小さなビン玉を用いたストラップが販売されている[12]

脚注[編集]