池坊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池坊専好の立花、六角堂、京都市中京区
いけ花発祥の地モニュメント、背景の文書は池防専応口伝の冒頭、六角堂、京都市中京区
池坊専好の立花、六角堂、京都市中京区
聖徳太子沐浴の古跡、池坊の名の由来、六角堂、京都市中京区

池坊(いけのぼう)は、日本の華道家元。いけばなの根源。”流”は付かない。最古かつ最大の会員数を誇る。紫雲山頂法寺京都市中京区にある天台系の寺。通称六角堂)のいくつかあった寺内塔頭の中の本坊にあたり、頂法寺の本堂である六角堂の執行として代々経営・管理に当たってきた。池坊の坊名は、聖徳太子が沐浴したという池にちなんで名付けられたものである。

沿革[編集]

池坊のは、頂法寺の住持として六角堂の本尊如意輪観音に花を供えることとなっていた。池坊と立花の関連についての文献上の初見は寛正3年(1462年)である。東福寺の僧雲泉太極の日記『碧山日録』の同年2月25日条に、池坊12世池坊専慶が草花数十枝を金瓶に挿し、京都中の好事家の評判を呼んだとある。天文11年(1542年)には、池坊28世専応が「池坊専応口伝」を著して立花の理論と技術を体系化した。専応の後を継いだ継いだ専栄、初代専好、2代専好、そして3代専好によって池坊立花の確立を見る。さらに安土桃山期の絢爛豪華な文化的風潮(桃山文化)の反映と城郭建築とがあいまって花形の大型化がなされ、華道の家元として現在にいたっている。なお、江戸時代中期には遠州流や古流へと分流した。

様式[編集]

  • 生花(しょうか)
    • 生花正風体(しょうかしょうふうたい)
    • 生花新風体(しょうかしんぷうたい)
  • 立花(りっか)
    • 立花正風体(りっかしょうふうたい)
    • 立花新風体(りっかしんぷうたい)
  • 自由花(じゆうか)
かつての盛花(もりばな)と投入(なげいれ)は自由花にまとめられた。

歴代家元[編集]

一般的に家元を称したのは40世以降。

  • 池坊専慶
  • 池坊専能
  • 池坊専秀
  • 池坊専勝
  • 池坊専和
  • 池坊専昭
  • 池坊専増
  • 池坊専明(初代)
  • 池坊専承
  • 池坊専誓
  • 池坊専応
  • 池坊専栄
  • 31世 池坊専好(初代)
  • 32世 池坊専好(2代目)
  • 33世 池坊専存
  • 34世 池坊専養
  • 35世 池坊専好(3代目)
  • 36世 池坊専純
  • 37世 池坊専意
  • 38世 池坊専純
  • 39世 池坊専弘
  • 40世 池坊専定
  • 41世 池坊専明
  • 42世 池坊専正
  • 43世 池坊専啓
  • 44世 池坊専威
  • 45世 池坊専永(現家元)
  • 46世 池坊由紀(次期家元で4代目専好を襲名予定、池坊初の女性の家元となる)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]