殺しのナンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺しのナンバー
The Numbers Station
監督 カスパー・バーフォード
脚本 F・スコット・フレイジャー
製作 ナイジェル・トーマス
ショーン・ファースト
ブライアン・ファースト
製作総指揮 アンドリュー・スポールディング
ダグ・マンコフ
スティーヴン・シルヴァー
ニール・タバツニック
クリストファー・フィッグ
ロバート・ホワイトハウス
クリス・フェントン
クリス・カウルズ
ジェイミー・カーマイケル
エリック・クワック
シャーロット・ウォールズ
出演者 ジョン・キューザック
マリン・アッカーマン
音楽 ポール・レナード=モーガン
撮影 オッター・グドナソン
編集 クリス・ギル
ペール・サンドホルト
配給 アメリカ合衆国の旗 イメージ・エンターテイメント
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年4月26日
日本の旗 2013年6月22日
上映時間 89分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

殺しのナンバー』(原題: The Numbers Station)は、2013年イギリスアメリカ合衆国が共同制作したアクションスリラー映画[1]

後に『スパイ・コード 殺しのナンバー』という邦題でソフト発売された。

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国CIAの捜査官として活動していたエマーソンは、元捜査官の暗殺任務で重大なミスをしてしまい、現在はイングランド東部の片田舎にあるブラックレグ・マイナー送信局に左遷されていた。そこは捜査官への極秘指令を暗号で送る乱数放送局(ナンバーズ・ステーション)であった。そこでの彼の任務は、暗号オペレーターのキャサリンの身を守るという至極簡単なものだった。

ところがある日、何者かが二人を襲撃しにやってくる。なんとか局内に逃げ込んだ二人だったが、そこで彼らはCIAの最重要幹部15名の暗殺という、偽の暗号が送信された事実を知る。なんとか真実を知らせようと躍起になる二人だったが、そんな彼らの命を奪うために、敵は目前まで迫っていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エマーソン・ケント ジョン・キューザック 家中宏
キャサリン マリン・アッカーマン 渡辺明乃
グレイ リアム・カニンガム 砂山哲英
マックス リチャード・ブレイク 山本祥太
デビッド ブライアン・ディック 矢野正明
メレディス ルーシー・グリフィス
デルニ ジョーイ・アンサー
レイチェル・デイビス ハンナ・マリー

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]