殤帝 (漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殤帝 劉隆
後漢
第5代皇帝
王朝 後漢
在位期間 105年12月 - 106年8月
都城 雒陽(洛陽
姓・諱 劉隆
諡号 孝殤皇帝
生年 105年
没年 106年
和帝
陵墓 康陵
年号 延平106年

殤帝(しょうてい)は、後漢の第5代皇帝。

後漢の第4代皇帝和帝は多くの皇子をもうけたが、いずれも夭折していた。宦官外戚による謀殺の疑惑を抱いた和帝は、皇子を民間で養育することとした。元興元年(105年)12月、和帝が崩御した際、長子の劉勝は病気を理由に即位が見送られ、劉隆が宮廷に迎えられて皇帝に即位した。劉勝は殤帝即位と共に平原王に立てられた。

即位した殤帝は生後100日余りであり、朝政は外戚の鄧氏により掌握された。翌延平元年(106年)8月辛亥、病気により崩御し、夭折を意味する「殤」を諡号に贈られた。

中国の歴代皇帝のうち、最年少の皇帝である。