権田保之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

権田 保之助(ごんだ やすのすけ、1887年5月17日 - 1951年1月5日)は、日本の社会学者

来歴・概要[編集]

東京生まれ。明治32年早稲田中学に入学。東京帝国大学文科大学(現在の東京大学文学部)哲学科を卒業。1921年大原社会問題研究所に入る。1924年にヨーロッパに渡る。のちに日本大学講師、文部省の委託を受けて各地の都市研究に従事する。

1919年(大正8年)に実施した、小額俸給生活者の家計調査は有名。また同時期、京都映画監督で、「日本映画の父」として知られる牧野省三が設立した「教育映画」の製作会社「ミカド商会」、ならびに「牧野教育映画製作所」に対し、同社の顧問となった文部省の星野辰男(保篠龍緒)とともに協力する[1]

映画と教育の問題に興味を持つと同時に、大正期の浅草公園六区に花開いた「浅草オペラ」に関心を抱き、『浅草の民衆娯楽』を著し、これは『民衆娯楽問題』に収録された。

1951年(昭和26年)1月5日に死去。63歳没。

挿話[編集]

ドイツ語の学力については、周囲が「ドイツ語の事でわからない事があったら、権田に訊け」というくらい定評があった。社会学者でありながら「独和対訳小品文庫 第三冊『ルパン探偵譚』権田保之助訳注 有朋堂1929」といった書物を出している。改造社に対抗して、岩波書店、弘文堂、同人社などが企画したいわゆる五社連盟版『マルクス・エンゲルス全集』にも責任者の一人として名前が挙げられているくらいである。

著作[編集]

[編集]

  1. ^ 『教育学雑誌』サイト内、朝倉徹(東海大学)の「活動写真が教育的文脈において語られるようになる背景2」の記述を参照。

外部リンク[編集]