楽園とペリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楽園とペリ』(らくえんとぺり、Das Paradies und die Peri作品50は、ロベルト・シューマンが作曲したオラトリオ。『天国とペリ』とも称される。

内容は、罪を犯し楽園を追放されたペリが、多くの試練を乗り越えて再び楽園に迎え入れられるという内容。

概要[編集]

1840年頃に東洋風の劇的な作品のための素材を探していたシューマンは、アイルランド詩人トマス・モアの詩集『ララ・ルーク』の中にある「楽園とペリ」に興味を惹かれる。1841年に友人のエミール・フレクシヒにドイツ語翻訳を依頼したのち自身も台本の作成に着手し、アドルフ・ベットガーの助言を得ながら翌1842年の1月に台本を完成させた。

作曲は1843年2月に開始し、6月に全曲が完成された。初演は1843年12月4日ライプツィヒのゲヴァントハウスでシューマン自身の指揮で行われ、大成功を収めた。初演の後にドイツ各地で50回上演されたと伝えられる。またメンデルスゾーンから最大級の賛辞を贈られている。

現在は100分近い大作であるが故に日本では人気があると言い難く、演奏されることがほとんどない状況であるが、ドイツ語圏では頻繁にアマチュア合唱団によっても上演される。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニー一対、トライアングル大太鼓シンバルハープ弦5部

演奏時間[編集]

約1時間40分(各25分、30分、45分)

構成[編集]

全3部26曲で構成され、全曲の演奏時間は約1時間30分以上。

第1部[編集]

第1曲 朝の陽に輝くエデンの門前に
第2曲 何と幸福にさまようのだろう、あの聖霊たちは
第3曲 光の戸口を守る気高い天使がこの言葉を聞きつけた
第4曲 それをどこで見つけよう? 天の心を満たすその贈り物は
第5曲 ペリはこんな思いに耽りながら、翼をゆすった
第6曲 しかし、今やその国の流れは
第7曲 ひとりの若者が尚も孤独に踏みとどまっている
第8曲 悲しや、悲しや、彼は的を外した
第9曲 ペリはその深い傷痕を見た

第2部[編集]

第10曲 ペリはおずおずした足どりでエデンの門に歩み寄る
第11曲 ペリの最初の天国への希望は消えた
第12曲 あの空気の子は、エジプトの王たちの
第13曲 ペリが泣く
第14曲 緑の森の中で、静かな湖畔で
第15曲 見捨てられた若者に
第16曲 おお、あなたから吐き出された至福の空気
第17曲 今は眠れ、香り高い夢に包まれて憩え

第3部[編集]

第18曲 アラーの王座に至る階段を飾ろう
第19曲 遠い歌声に耳を傾けながら
第20曲 まだ門前払いだ!またしても黄金の玄関が締め切られた!
第21曲 今や夕べの黄金の光は
第22曲 やがてペリが下界に舞い降りると
第23曲 あの太陽の寺院へ降りていこう!
第24曲 おお、心の底から悔恨の聖なる涙よ
第25曲 六月の暑熱に灼れて、一滴の滴がエジプトの大地に落ちる(四重唱)
第26曲 喜び、永遠の喜び、私の仕事は成し遂げられた

録音[編集]

録音は多く行われており、ジュゼッペ・シノーポリニコラウス・アーノンクールカルロ・マリア・ジュリーニジョン・エリオット・ガーディナーゲルト・アルブレヒトなどが録音している。

外部リンク[編集]