東ベルリンから来た女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ベルリンから来た女
Barbara
監督 クリスティアン・ペツォールト
脚本 クリスティアン・ペツォールト
ハルーン・ファロッキ
製作 フロリアン・ケルナー・フォン・グストルフ
製作総指揮 マイケル・ウェバー
出演者 ニーナ・ホス
ロナルト・ツェアフェルト
ライナー・ボック
音楽 ステファン・ウィル
撮影 ハンス・フロム
編集 ベッティナ・ボーラー
製作会社 Schramm Film Koerner & Weber 他
配給 ドイツの旗 Piffl Medien
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ドイツの旗 2012年2月11日BIFF
ドイツの旗 2012年3月8日
日本の旗 2013年1月19日
上映時間 105分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
興行収入 $4,129,250[1]
テンプレートを表示

東ベルリンから来た女』(ひがしベルリンからきたおんな、Barbara)は、クリスティアン・ペツォールト監督による2012年ドイツドラマ映画である。2012年2月に第62回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映され[2]、ペツォールトが銀熊賞(監督賞)を受賞した[3]第85回アカデミー賞外国語映画賞ではドイツ代表に選出された[4]

ストーリー[編集]

1980年、当時社会主義国家だった旧東ドイツの田舎町を舞台に、国外脱出を計画する女性医師の姿をサスペンスフルに描いた人間ドラマである[5]

女医バルバラは西側への出国申請を出したために、東ベルリンの大病院から田舎町の病院に左遷されて来る。かつて犯した致命的な医療ミスのために地方勤務と密告の義務を課せられている同僚医師アンドレは、そんな彼女に惹かれるが、彼女は頑なな態度を崩そうとしない。実は、バルバラは秘密警察シュタージによる監視の目をかいくぐり、西ドイツの恋人ヨルクと密会し、彼が用意した逃走資金を預かるなど、密出国の準備を進めていたのだ。

バルバラが勤める病院に、強制収容施設から逃走し、髄膜炎を発症した少女ステラが連れて来られる。バルバラにだけ心を開くステラを、バルバラは献身的に治療・看護するが、ステラは強制的に退院させられて施設に戻される。次に3階から転落して脳に血栓ができた少年マリオが運び込まれて来る。マリオの開頭手術が決まるが、その日はバルバラが出奔することになっている日だった。

自らの過去の過ちと密告の義務を正直に告白し、医師として「病人であれば誰であろうと助ける」という真摯なアンドレが自分に向ける好意にバルバラの心は揺れる。そして医師としての責任を放棄することに悩むものの、最終的に出国を決めたバルバラの前に、施設から逃亡したステラがぼろぼろになった姿で現れる。恋人ヨルクとの西側での新生活か、医師としての責務か、改めて激しく葛藤するバルバラだったが、密出国の待ち合わせ場所にステラを連れて行くと、迎えに来た男にステラを預けて見送る。もぬけの殻になったバルバラの部屋の様子から彼女が出国したと思い、諦め切ったアンドレの前にバルバラが現れる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Barbara (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年9月25日閲覧。
  2. ^ Press Release, 9th Jan”. berlinale.de (2012年1月9日). 2012年1月9日閲覧。
  3. ^ Prizes of the International Jury 2012”. Berlinale (2012年2月19日). 2012年2月19日閲覧。
  4. ^ Germany's Oscar entry is Christian Petzold's Barbara”. Screendaily. 2012年8月31日閲覧。
  5. ^ 東ベルリンから来た女”. WOWOW. 2013年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]