杏林短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杏林短期大学
大学設置/創立 1966年
学校種別 私立
設置者 学校法人杏林学園
本部所在地 東京都三鷹市新川6-20-2
学部 衛生技術科
ウェブサイト 杏林短期大学公式サイト
テンプレートを表示

杏林短期大学(きょうりんたんきだいがく、英語: Kyorin College[1])は、東京都三鷹市新川6-20-2に本部を置いていた日本私立大学である。1966年に設置された。大学の略称は杏林短大。学生募集は1978年度まで。1979年度より杏林大学保健学部へ改組され短期大学は募集停止され、1982年3月31日廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 杏林短期大学における建学の精神:「科学者としての実証精神を育成するとともに社会人としての広い識見と円満な人格を涵養し、卓越した技術者を育成し、医学を通じて社会の向上に資することを使命とする」[3]

教育および研究[編集]

  • 臨床検査技師の養成を執り行っていた。

学風および特色[編集]

  • 医療法人財団杏林会により設置されたすなわち医療機関が創設した短期大学である[4]

沿革[編集]

  • 1966年 杏林学園短期大学(きょうりんがくえんたんきだいがく)として開学。衛生技術科を置く:在学者数は63(うち男子12)[5]
  • 1973年 杏林短期大学と改称。修業年限が3年になる。
  • 1978年 最後の学生募集となる:この年度における在学者数は427(うち男子20)[6]。翌年度より杏林大学へ移行。
  • 1982年3月31日廃止[2][7]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都三鷹市新川6-20-2

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 衛生技術科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 杏林短期大学の学園祭は、杏林大学と同様に「杏祭」と呼ばれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスは、医学部と同じ構内に置かれるようになった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 臨床検査技師として、病院や医療施設、製薬会社などに勤務した人が多かった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002696992より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』264頁
  3. ^ 『日本の私立短期大学』88頁にある、「建学の精神」の原文を引用。
  4. ^ 『日本の私立短期大学』88頁より。
  5. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』34頁より
  6. ^ 昭和54年度版『全国学校総覧』44頁より
  7. ^ 昭和57年度版『全国学校総覧』46頁から、1981年5月時点で、男子1人のみ在籍していたことが確認できる。ちなみに、その前年の学生数は139(うち男子5)であったことが昭和56年度版『全国学校総覧』46頁にてチェックできる。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

Template:学校法人杏林学園