月長石 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Moonstone

月長石』(げっちょうせき、The Moonstone)は、イギリスヴィクトリア朝小説家ウィルキー・コリンズの長編探偵小説1868年出版。

T・S・エリオットは「最初の、最長の、最上の探偵小説」、「最大にして最良の推理小説」と称えている。19世紀後半にイギリス小説界で絶大な人気を得た大ヒット作であり、コリンズの代表作である。

日本語版は1970年東京創元社創元推理文庫)より発売された。翻訳は中村能三

あらすじ[編集]

1799年インドに進出したイギリス軍の将校が、バラモン教徒の寺院に長く秘蔵されてきた秘宝・黄色いダイヤモンドの月長石を奪う。その後、「月長石」はイギリスに渡るが、その行くところ行くところに謎のインド人が影のように現れる。