ウィルキー・コリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルキー・コリンズ

ウィリアム・ウィルキー・コリンズWilliam Wilkie Collins, 1824年1月8日 - 1889年9月23日)はイギリス小説家推理作家劇作家である。ヴィクトリア朝の人気作家であり、初期の長編推理小説作家として重要である。

代表作に『白衣の女』(1860年、発表当時は伝説的な大ヒットになった)、『月長石』(1868年)などがある。

経歴[編集]

1824年に高名な風景画家、ウィリアム・コリンズの長男としてロンドンで生まれる。ロンドンの私立学校で数年を過ごした後、家族と共にイタリアへ移住。17歳で紅茶商へ見習いに入るが、法学へ転向する。その後父親の宗教的な几帳面さや保守的な考えに反対し、文筆家として生きることを志す。処女作は1848年に出版された父ウィリアムの回想録である。この後、一時画家を目指したこともあったが処女小説『アントニア』を発表してからは本格的に作家としての道を歩み始めた。1851年に友人の紹介でチャールズ・ディケンズと知り合い、共に旅行などしつつ親交を深め、ディケンズの出版する雑誌『暮らしの言葉』などに定期的に寄稿した。ディケンズは後にコリンズの劇にも出演している。

1860年の『白衣の女』は伝説的な大ヒットとなった。書店には購入を求める人々が列をなし、時の蔵相グラッドストーンがその続きを読みたいがために知人とのオペラ鑑賞をすっぽかしたほどである。さらに1868年に発表された『月長石』は最初期の長編推理小説として名高くT・S・エリオットにより「最初の最大にして最良の推理小説」と絶賛された。

生涯結婚はせずさまざまな浮き名を流した。キャロライン・グレーブスという女性とは家を建てて同居し、彼女の連れ子を育てた。また、マーサ・ルッドの私生児も援助して当時の社交界からは追放された。晩年は関節炎の鎮痛剤として服用した阿片に耽溺することになり、ドッペルゲンガーなどのさまざまな幻覚に悩まされた。幻覚で見た奇妙な人物は晩年の作品にも登場している。晩年は時流にも取り残され、不遇であった。

作品[編集]

『』内は最新の邦題

長編[編集]

  • 1850年 Antonina
  • 1852年 『バジル』Basil
  • 1852年 Mr Wray's Cash Box
  • 1854年 Hide and Seek
  • 1857年 The Dead Secret
  • 1860年 『白衣の女The Woman in White
  • 1862年 『ノー・ネーム』No Name
  • 1866年 『アーマデイル』Armadale
  • 1868年 『月長石The Moonstone
  • 1870年 『夫と妻』Man and Wife
  • 1872年 Poor Miss Finch
  • 1873年 The New Magdalen
  • 1875年 『法と淑女』The Law and the Lady
  • 1876年 The Two Destinies
  • 1879年 The Fallen Leaves
  • 1879年 『ならず者の一生』A Rogue's Life
  • 1879年 My Lady's Money
  • 1880年 『毒婦の娘』Jezebel's Daughter
  • 1881年 The Black Robe
  • 1883年 Heart and Science
  • 1884年 I Say No
  • 1886年 The Evil Genius
  • 1886年 The Guilty River
  • 1889年 The Legacy of Cain
  • 1999年 Ionani

短編集[編集]

  • 1858年 A House to Let
  • 1859年 The Queen of Hearts
  • 1887年 Little Novels