曹仁柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「曺仁柱」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
曺 仁柱
基本情報
本名 曺 仁柱
階級 スーパーフライ級
国籍 韓国の旗 韓国
誕生日 1969年4月13日(45歳)
出身地 韓国の旗 韓国
全羅南道潭陽郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 18
KO勝ち 7
敗け 2
テンプレートを表示

曺 仁柱(チョ・インジュ、: 조인주: In-Joo Cho、男性、1969年4月13日 - )は、韓国プロボクサー全羅南道潭陽郡出身。身長171cm。元WBC世界スーパーフライ級王者。

無敗のまま世界王者となり、5度の王座防衛に成功したが、徳山昌守に2連敗して現役を引退した。

来歴[編集]

1992年4月18日、韓国でプロデビュー。

1994年1月30日、6戦目で元IBF世界ジュニアフライ級王者タシー・マカロスと対戦し、10回判定勝ち。

1998年8月29日、13戦目でWBC世界スーパーフライ級王者ジェリー・ペニャロサに挑戦し、12回判定勝ちで無敗のまま世界王座を獲得した。

1999年9月5日、防衛戦で山口圭司と対戦し、最終12回に2度のダウンを奪うなどして判定勝ち。3度目の防衛に成功した。

2000年1月2日、防衛戦でジェリー・ペニャロサと再戦し、12回判定勝ちで4度目の防衛に成功した。

2000年5月14日、防衛戦でフリオ・アビラと再戦し、12回判定勝ちで5度目の防衛に成功した。

2000年8月27日、6度目の防衛戦で徳山昌守と対戦し、12回判定負けで王座から陥落するとともにキャリア初黒星となった。

2001年5月20日、タイトルマッチで徳山昌守と再戦し、5回KO負けで王座奪回に失敗。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジェリー・ペニャロサ
第15代WBC世界スーパーフライ級王者

1998年8月29日 - 2000年8月27日

次王者
徳山昌守