曲鼻猿亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曲鼻猿亜目
Ring tailed lemurs.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目(霊長目) Primates
亜目 : 曲鼻猿亜目 Strepsirrhini
学名
Strepsirrhini E. Geoffroy, 1812
下目

曲鼻猿亜目(きょくびえんあもく)は脊椎動物門哺乳綱サル目の一亜目。

キツネザル、ロリスなどが属している。サル目(霊長類)の中では、原始的なグループであり、キツネザル下目の一部を除くと夜行性の種が多い。

原猿[編集]

かつては、メガネザルを含めて、真猿亜目以外の霊長類全体を原猿亜目(げんえんあもく、Prosimii)に分類していた。

その後、メガネザルは実際は真猿に近いことが明らかになったため、霊長類は曲鼻猿亜目と直鼻猿亜目真猿下目とメガネザル下目)に分けられるようになった。

原猿は現在の分類では曲鼻猿とメガネザルの総称と言うことになるが、正式な分類群としては使わない。しかし、一部には用語に混乱が見られ、曲鼻猿・原猿と直鼻猿・真猿の混用が見られる。

特徴[編集]

名前の「曲鼻」とは、鼻腔が屈曲して鼻孔が左右に離れて外側を向いていることを意味し、これは鼻腔がまっすぐで鼻孔が左右そろって前方ないし下方を向いている直鼻猿亜目との相違点である。

次のような、夜行性動物特有の特徴をそなえている。

  • タペータムと呼ばれる反射膜が網膜の裏側にあり、弱い光でも感知できる。
  • 鼻が湿っていて嗅覚が優れている。

形態的には、以下のようにサルの特徴と、サルになりきれない部分とが混在する。

  • 顔面に眼が正面を向いて並ぶが、毛の生えない顔面は発達せず、口先がとがる。
  • ほとんどの指が平爪であるが、鉤爪が混在する。

直鼻猿亜目は、L-グロノラクトンオキシダーゼ(ビタミンC合成酵素)の活性が失われているためビタミンCを合成することができない。曲鼻猿亜目は、ビタミンC合成酵素の活性が失われていない。直鼻猿亜目と曲鼻猿亜目の分岐と同時期の6300万年前に直鼻猿亜目のこの酵素活性が失われている[1]

生息域[編集]

原猿亜目の2下目のうち、キツネザル下目はすべてマダガスカル島および周辺の島々にのみ生息している。ロリス下目はサハラ以南のアフリカインドスリランカ、および東南アジアに生息している。

分類[編集]

アイアイ下目を置かず、アイアイ科をキツネザル下目アイアイ上科 (Daubentonioidea) アイアイ科とすることもある。

真猿下目を伝統的な分類と同じ亜目に格上げするために、この表全体の亜目をsemiorderなどに、下目を亜目に格上げすることがある。

なお英語では、キツネザル下目をlemur(リーマー)、ロリス下目のロリス科をloris(ロリス)、ガラゴ科をgalago(ガラゴ)と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ Pollock JI, Mullin RJ (May 1987). “Vitamin C biosynthesis in prosimians: evidence for the anthropoid affinity of Tarsius”. Am. J. Phys. Anthropol. 73 (1): 65–70. doi:10.1002/ajpa.1330730106. PMID 3113259.