日産ディーゼル・レゾナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レゾナ(後期型)
レゾナ(中期型)

レゾナRESONA )は日産ディーゼル工業(現UDトラックス)がかつて製造していた大型トラックである。

概要[編集]

1979年にそれまでの大型トラック(Cシリーズ)に代わって登場した。デビュー当初は丸目4灯ヘッドライトだったが1983年に最初のマイナーチェンジを実施した時に角目4灯ヘッドライトに変更された。エンジンは直列6気筒ターボとV型8気筒V型10気筒が設定された。この名前も1983年から使われたが、1986年頃にはなくなる。(単に大型トラック、高速トラクタ、重トラクタ)

歴史[編集]

  • 1979年 昭和54年排出ガス規制適合に伴い大型トラックをモデルチェンジ。
  • 1981年 マイナーチェンジ。助手席側のミラーステーを変更。サイドアンダーミラーがバックミラーの下側になった。
  • 1983年 マイナーチェンジ。昭和58年排出ガス規制適合、角目4灯ヘッドライトの採用。この時からレゾナの名が使用される(フロントにもエンブレムが装着された)。また、インタークーラー付ターボエンジンを追加。
  • 1984年 マイナーチェンジ。助手席セーフティウインドウを大型化。
  • 1986年 マイナーチェンジ。ウインカーランプの位置を変更、小型化。ヘッドライトの横に小型のライトが追加される。エンジンワンキー操作が装備された。
  • 1987年 国内の大型トラクタとしては初めてABSをオプション設定する。
  • 1990年9月 ヨーロッパトラックレース ルーカス・インターナショナル・トラック プリ'90(イギリス ブランズハッチ)にCK46BT 大型トラクターが参戦し決勝進出。PE6TB型直列6気筒OHVディーゼルターボ(11670cc 330PS/2200rpm)をベースに、約700psまで馬力を上げた状態で搭載する。
  • 1990年 製造中止。後継車はビッグサム

ラインナップ[編集]

  • CK (4×2)
  • CD (6×2)
  • CV (6×2前2軸)
  • CW (6×4)
  • LG (低床8×4)
  • LW (低床6×4)
  • CK-T (4×2トラクタ)
  • CW-T (6×4トラクタ)
  • CF (4×4除雪車)
  • CZ (6×6除雪車)
  • CB (8×8除雪車)

車名の由来[編集]

  • 英語で共鳴 (resonance) を意味する。ターボ吸気システムにレゾナンス吸気方式が使用されているためこの車名が付けられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]