扇情主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

扇情主義(せんじょうしゅぎ、センセーショナリズム、英語: sensationalism)とは、故意に聴衆・大衆の感情を煽り、掻き立てるようなやり方で、注目・関心を浴びたり、思い通りの方向に動かそうとする手法のこと。主に、政治家マスメディア報道企業マーケティングに対して用いられ、批判の対象とされる。

扇情の材料としては、暴力民族主義災害などが主に用いられる。

歴史[編集]

扇情主義の歴史は古く、民主制を敷いた古代ギリシャポリスアテナイでは、いかに民衆を扇情し、説得するかが、レトリックの主題であった。

関連項目[編集]