戦勝記念塔 (ベルリン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦勝記念塔

戦勝記念塔: Siegessäule, ジーゲスゾイレ)はベルリンティーアガルテンの中央部に聳え立つ高さ67メートルの石造のである。塔の頂上に金色の勝利の女神ヴィクトリアが立っている。

デンマーク戦争勝利を記念して1864年に建設が始められ1872年に完成した。この間、普墺戦争1866年)、普仏戦争1870年-1871年)にも勝利し、これら戦勝をも顕彰する建造物となった。塔内部は頂上の展望台に通ずる285段の螺旋階段が設けられている。当初、帝国議会前の広場に建てられていたが、ベルリンを世界首都に改造するヒトラーのゲルマニア計画の実施に先立ち、1939年に現在のティーアガルテンのグローサーシュテルンロータリー中央に移設された。

塔台座には、大勝利の模様を描いた銅版レリーフが4面はめ込まれている。これらのレリーフの内、普仏戦争とデンマーク戦争については、第二次世界大戦後、フランスへ持ち去られていたが、独仏融和を第一とするミッテラン政権時代に返還された。

第二次世界大戦の際、ベルリンの市街戦で兵士たちがここに篭って戦った。広場の石には大きな焦げ跡が残り、塔自体にもあちこちに大小様々な銃撃や砲撃による弾痕がある。

塔内部の壁面は、他のヨーロッパの建築物と同様、世界各国から来た観光客が書いた落書きだらけである。数は少ないが、日本語の落書きもある。

座標: 北緯52度30分52.1秒 東経13度21分0.4秒 / 北緯52.514472度 東経13.350111度 / 52.514472; 13.350111