悪の華 (2003年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪の華
La Fleur du mal
監督 クロード・シャブロル
脚本 カロリーヌ・エリアシェフ
ルイーズ・L・ランブリシュ
クロード・シャブロル(脚色・台詞)
製作 マラン・カルミッツ
製作総指揮 イヴォン・クレン
出演者 ナタリー・バイ
ブノワ・マジメル
音楽 マチュー・シャブロル
撮影 エドゥアルド・セラ
編集 モニーク・ファルドゥリ
製作会社 MK2 Productions
France 3 Cinéma
Canal+
Conseil Régional d'Aquitaine
Procirep
配給 フランスの旗 MK2 Diffusion
日本の旗 紀伊國屋書店/マーメイドフィルム
公開 フランスの旗 2003年2月19日
日本の旗 2011年5月21日
上映時間 104分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €7,400,000[1]
興行収入 世界の旗 $7,587,959[2]
テンプレートを表示

悪の華』(あくのはな、La Fleur du mal)は2003年フランスのドラマ映画。

ストーリー[編集]

あるブルジョワ一家の三代に渡る退廃的な人間関係を描く。

フランスボルドーの裕福なブルジョワ一家であるヴァスール家の当主ジェラールの妻で市議会議員のアンヌが市長選に立候補するが、彼女と一家を中傷する怪文書がばらまかれる。その怪文書には、アンヌの母方の祖父ピエール・シャルパンが第二次世界大戦中に対独協力者だったことや、そのピエールが娘であるミシュリーヌ(リーヌ)に殺害された疑いがあることなどが書かれていた。アンヌは特に気にする風もなく、選挙戦を続けるが、ジェラールの息子でアンヌの義理の息子であるフランソワはジェラールが怪文書を送った本人であるとにらむ。

選挙当日、アンヌの市長当選が確実視される中、ジェラールはアンヌの連れ子で実の姪でもあるミシェルに迫る。ミシェルがとっさに手元にあったランプでジェラールを殴ると、ジェラールは呆気なく死んでしまう。ミシェルは同居するリーヌと共に死体を寝室に運び込む。一方、たまたま家に電話したフランソワはリーヌから事の次第を聞き、現場に駆けつける。リーヌはミシェルにジェラールを殺したのは自分ということにしようと言い、そして、これで60年ぶりにようやく自分は自由になれると言う。

当選を祝うためにアンヌたちが家にやって来る。2階の寝室にジェラールの死体が放置されているが、リーヌもミシェルもフランソワも何事もなかったかのように応対する。

キャスト[編集]

アンヌ・シャルパン=ヴァスール - ナタリー・バイ
市議会議員で市長選に立候補。名門ヴァスール家とシャルパン家の血を引く。子供の時に両親が飛行機事故で死亡。母方の祖父ピエール・シャルパンは第二次世界大戦中、対独協力者だった。ヴァスール家の次男と結婚し、娘ミシェルをもうけるが、夫が兄ジェラール(ヴァスール家長男)の妻と不倫の末に一緒に交通事故で亡くなると、ジェラールと再婚した。
フランソワ・ヴァスール - ブノワ・マジメル
ヴァスール家当主ジェラールの息子。アメリカから3年ぶりに帰郷。亡母がアンヌの亡夫(ジェラールの弟)と不倫関係にあったことを知っている。父ジェラールの実子ではなく、母の不倫によって生まれた子である可能性がある。
ミシュリーヌ(リーヌ)・シャルパン - シュザンヌ・フロン
アンヌの母の妹。アンヌらと同居。第二次世界大戦中にレジスタンスに加わった愛する兄フランソワ(上記フランソワとは別人)を殺させた父ピエールを殺害するが証拠不十分で不起訴になった過去を持つ。フランソワとミシェルの姿に、かつての兄と自分の関係を重ね合わせて見ている。
ジェラール・ヴァスール - ベルナール・ル・コック
ヴァスール家当主。無類の女好き。先妻(フランソワの母)が弟(アンヌの先夫)と不倫の末に交通事故で亡くなると、アンヌと再婚した。アンヌの政治活動を快く思っておらず、怪文書を送った本人である可能性がある。
ミシェル・シャルパン=ヴァスール - メラニー・ドゥーテ
アンヌの連れ子。心理学専攻の大学生。フランソワとはいとこ同士で義兄妹ながら愛し合っている。フランソワとは腹違いの兄妹である可能性がある。
マチュー・ラルティグ - トマ・シャブロル
アンヌの選挙参謀で副候補。法学者

参考文献[編集]

  1. ^ La Fleur du Mal - film 2003” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ The Flower of Evil (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2012年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]