恋染紅葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恋染紅葉
ジャンル 少年漫画
ラブコメディ
学園漫画
漫画
原作・原案など 坂本次郎
作画 ミウラタダヒロ
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2012年23号 - 2012年51号
巻数 全4巻
話数 全31話
テンプレート - ノート

恋染紅葉』(こいそめもみじ)は、原作・坂本次郎、漫画・ミウラタダヒロによる日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年9号に読み切りとして掲載された後、内容を再構成した上で同年23号から連載開始し、同年51号まで連載された[1][2]ジャンプ・コミックス全4巻。話数カウントは「シーン○」。

少年ジャンプNEXT!』2012SUMMER(2012年夏号)には2ページの番外編も掲載された。読み切り版は単行本第1巻に収録され、番外編は第4巻に収録されている。第2巻には『少年ジャンプNEXT!』2011SPRING(2011年春号)に掲載された読み切り『ふぁみドル!』が収録された。連載は28話で終了したが、最終巻には描き下ろしエピソード3話が収録され、巻末には初期キャラクターデザインのイラストも掲載されている。

神奈川県鎌倉市を舞台とした恋愛劇であり、題名の『恋染紅葉』は作中に登場するテレビドラマ(読み切り版では映画)のタイトルでもある。

登場人物[編集]

葛城 翔太(かつらぎ しょうた)
本作品の主人公。神奈川県立恋ヶ浜高等学校の男子生徒。一人称は「オレ」。記念撮影を頼まれた人気女優の紗奈に一目惚れし恋愛感情を抱いている。
幼いころからあがりやすい性格で緊張するとすぐに顔を紅潮させる、いわゆる赤面症。紗奈に一目惚れする前にも2人の同級生に恋していたが、ろくに話も出来ずにその恋は実らなかった(その内の一人が由比であり、実は両思いだったが由比が転校した事で互いに想いを告げることなく失恋した)。出会って間もない頃に紗奈から恋人の練習相手を頼まれる。最初は戸惑ったが、少しでも彼女に近づくために協力を決意する。物語終盤、紗奈と両想いであったことが発覚したが紗奈が翔太の身を案じ、一度は振られてしまう。しかし二度目の告白に応えてくれて、紅葉の木の下で正式に結ばれた。以後紗奈の事務所から高校卒業まで一切会わないと言う条件付で翔太との交際を認められ、人気女優という紗奈に対して特筆するものが無い自分はせめて勉学だけでもと大学受験と東京での一人暮らしの為の準備に励む毎日を送るようになる。
読み切り版では姓は相川(あいかわ)
紫之宮 紗奈(しのみや さな)
本作品のメインヒロイン。山の上にある名門女子校「清廉女学院」の生徒。新進気鋭の女優。一人称は「わたし」。
近日開始予定のドラマ『恋染紅葉』の撮影のため、清廉女学院に転校してきた。その後、ドラマの撮影現場となっている恋ヶ浜高校へ頻繁に訪れるようになる。ドラマではヒロインの一人である積極的な少女「緋崎かえで」を演じるも、恋愛経験がないため、役作りの為に偶然出会った翔太に恋人役を依頼する。女優としての演技力は高く、料理も得意など女の子らしい事は得意だが、お嬢様育ちで幼い頃から女優を目指し普通の学生生活をしてこなかった為、かなりの世間知らず。実は翔太が紗奈に一目惚れする前から彼のことを知ってたらしく。見栄を張って事務所に恋ぐらいクランクインまでにしてみせると言ってしまったが、男の人を若干怖がってることから相手がいないと悩んでいると、たまたまトビにお菓子を取られた子どもを助けている翔太を見て、次第に彼の優しさに惹かれ始め、翔太が相手なら良いと思うようになる(連載当初、紗奈が翔太に撮影を頼んだのは、彼と話をするきっかけを作るためだった)。物語終盤、両想いであることが発覚したが、本来は18歳まで恋愛禁止という事務所の掟があり、翔太との関係がスキャンダルとして報じられた為、これ以上自分に関わると翔太が危険な目にあうと感じ一度は彼を振ってしまう。しかし二度目の告白でついに彼の想いに応え、紅葉の木の下で正式に結ばれた。以後事務所からは高校卒業まで一切会わないと言う条件付で翔太との交際を認められ、会わないでいる事を我慢できなくなるという理由から電話を週一度と自分で制限する等、それまでと違った面を見せている。
読み切り版では姓は瑞原(みずはら)
七里 由比(ななさと ゆい)
本作品の2人目のヒロイン。一人称は「私」。巨乳でスタイル抜群なグラビアアイドル。紗奈とは別の事務所に所属する。「ナナ」という芸名で活動しているため、紗奈やファンなどからは「ナナちゃん」と呼ばれる。『恋染紅葉』ではもうひとりのヒロインである内気な少女「いろは」を演じる。紗奈とは違い、料理は苦手。
翔太とは小学校時代のクラスメイトで彼の初恋の相手でもあった。そして彼女の方も翔太が初恋の相手であり、現在も変わらず一途に彼を思っている。小学校時代は大人しく臆病な性格でよく男子に意地悪されていた。小学3年生の頃に転校して、翔太と離れ離れになったが、翔太の通う恋ヶ浜高校に転入し、再びクラスメイトになる。物語終盤、翔太に告白したが、彼の紗奈への想いが強かったため、失恋した。紗奈が翔太と正式に結ばれてからはわだかまりが生じたこともあったが、小鳥の協力もあり和解し、下の名前で呼び合える仲になった。
グラビアアイドルとなってからはそれまでの内気な性格から進んで人前でポーズを取れる(好んで取る)程に変わった。
春日 小鳥(かすが ことり)
人気アイドルグループ「7ドロップス」のセンターとして活躍する少女。一人称は「アタシ」。常にですます調で話す。『恋染紅葉』には「かえで」と「いろは」のクラスメイト役として出演する。
紗奈やナナをあの手この手でスターの座から降ろそうとする小悪魔的な性格。しかし、実家は貧しく借金を抱えており、紗奈やナナへの嫌がらせもスターとしての成功に対する執着心からであった。また、彼女自身も一人だけ人気が急上昇し、個人活動が増えた事への嫉妬心から「7ドロップス」の仲間から嫌がらせを受けている。その為、卑屈な性格になっていったが自分のファン一人ひとりとの会話や顔を覚えているなど、アイドルとしての意識は高い。体が小さく、中学生ぐらいの年齢に見える(翔太は彼女を妹の莉子と同じぐらいの年齢だと思っていた)が、実は18歳の高校3年生で、翔太より年上。「つばめ」という名の妹と2人の幼い弟がいる。紗奈達と和解してからは友好な関係となり、それと同時に翔太を意識している描写も見られた(莉子はその様子をツンデレと評した)。
葛城 莉子(かつらぎ りこ)
翔太の妹。ショートヘアの少女。紗奈と同じ清廉女学院の中等部に通っている。寮に入っているため家には普段帰らない。素直で明るい性格。兄が人気女優の紗奈と交際していることが信じられず、最初は彼女を疑ったが、彼女の翔太に対しての本気の気持ちを知ってからは誤解が解け、それからは兄に発破をかけるようになる。
星 京子(ほし きょうこ)
紗奈のマネージャー。紗奈の才能に強く期待しており、それゆえに「18歳まで男女交際禁止」といった事務所の規則に厳しい。また、個人的には紗奈に対して恋愛感情にも似た屈折した感情を抱いており、そのため紗奈に近付く男(翔太)を徹底的に嫌っている。かつては彼女自身も女優として活動していた。紗奈のみならず由比や小鳥に対しても怪しげな視線を向けることがあった為、彼女達からは警戒されている。
桐生 亜佐美(きりゅう あさみ)
「7ドロップス」のメンバー。一人称は「私(わたくし)」。かつては7ドロップスのトップだったが、小鳥にその地位を奪われ、小鳥を妬んでいる。
桜ヶ丘 和臣(さくらがおか かずおみ)
ドラマ『恋染紅葉』の主演男優。「かえで」と「いろは」が想いを寄せる青年「花岡」を演じる。ファンからは「ガオカくん」と呼ばれている。読み切り版には登場しており、映画撮影を口実に紗奈を虜にしようとしたが、彼女からは全く相手にされていなかった(それどころか女の人に対して軽い彼を紗奈は若干軽蔑していた)。
海音(うみね)
翔太の幼馴染の女子生徒。勝気で面倒見の良い性格で、翔太の恋を応援している。父親は「UMINE」という名の海の家を営んでいる。
義孝(よしたか)
翔太の友人の男子生徒。眼鏡をかけている。小鳥のファン。
秋乃(あきの)
翔太の友人の女子生徒。内気でおとなしい性格の歴女
智也(ともや)
翔太の友人の男子生徒。イケメンでファッションに詳しい。
鷹村(たかむら)
ドラマ『恋染紅葉』の監督。

用語[編集]

恋染紅葉(こいそめもみじ)
鷹村監督により撮影中の朝ドラ。原作は水嶋ヒカリの同名小説。
神奈川県立恋ヶ浜高等学校(かながわけんりつこいがはまこうとうがっこう)
翔太たちが通っている高校。制服はブレザー。ドラマ『恋染紅葉』の撮影現場になっている。
清廉女学院(せいれんじょがくいん)
紗奈、莉子が通っている山の上の女子校。制服は紺色のセーラー服。
7ドロップス(セブンドロップス)
春日小鳥が所属する、少女7人によるアイドルグループ。略称は「7D」。かつてはメンバーの仲は良好だったが、最近は小鳥に対しての陰湿な嫌がらせが日常となっている。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

外部リンク[編集]