弾突 DANTOTSU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弾突 DANTOTSU
Pistol Whipped
監督 ロエル・レイネ
脚本 J・D・ザイク
製作 アルウィン・ハイト・カシュナー
スティーヴン・セガール
製作総指揮 ドナルド・カシュナー
出演者 スティーヴン・セガール
ランス・ヘンリクセン
音楽 ジェラルド・ブランスキル
撮影 リチャード・クルード
配給 日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年3月4日
日本の旗 2008年9月13日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

弾突 DANTOTSU』(Pistol Whipped)は、2008年アメリカ合衆国アクション映画。アメリカではDVD発売のみだが、日本では「スティーヴン・セガール芸能生活20周年記念作」として劇場公開された。

ストーリー[編集]

コネティカット州ブリッジポート。マットことマシュー・コナーは地元警察の刑事だったが、酒とギャンブルに溺れ、娘ベッキーの教育資金にまで手を出して家庭を崩壊させた挙げ句、警察の証拠品保管庫から押収した麻薬組織の売上金を横領した相棒の罪を着せられて懲戒免職となっていた。教会に通い、己の罪深さを顔なじみのマロニー神父に懺悔するも、職も家庭も失い、生きる目的すら見いだせず流されるままに自堕落な日々を送るマット。ある晩、いつもの如くギャンブルで多額の借金を作ったマットは、カジノの駐車場で債権者ともめている最中に謎の男ブルーとその手下の襲撃を受ける。ブルーに連れられるまま廃劇場に向かったマットは、そこで素性不明の老人と対面。老人はマットがかつて特殊部隊の暗殺チームに所属した伝説の暗殺者である過去を知っており、彼に法で裁けぬ犯罪者の暗殺の仕事を持ちかける。老人はマットの総額100万ドルを超す借金の借用書を入手しており、渋々ながら老人の依頼を引き受け、まずは北朝鮮工作員と組んで偽ドル札製造で荒稼ぎするイタリアン・マフィアのブルーノと、その取引相手であるチャイニーズ・マフィアのリンを首尾よく抹殺する。だが、3人目の標的は別れた妻の再婚相手であり、娘の新しい父親で、マットのかつての同僚で親友でもあるスティーヴだった……。

キャスト[編集]

役名 俳優 DVD版吹替
マシュー・“マット”・コナー スティーヴン・セガール 大塚明夫
老人 ランス・ヘンリクセン 小川真司
ブルー ポール・カルデロン 佐藤正治
ドレア レネイ・エリーゼ・ゴールズベリイ 沢海陽子
リズ ブランチャード・ライアン 加納千秋
ベッキー リディア・ジョーダン 仙台エリ
ジョー・マロニー神父 バーニー・マキナニー をはり万造
スティーヴ・シャクター警部補 マーク・エリオット・ウィルソン 内田直哉
ティム・ウィーラー刑事 ワス・スティーヴンス
ブルーノ アーサー・J・ナスカレッラ 田口昂
リン リー・ウォン

スタッフ[編集]

  • 監督:ロエル・レイネ
  • 脚本:J・D・ザイク
  • 撮影監督:リチャード・クルード

外部リンク[編集]