床几

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
折りたたみ式の床几

床几(しょうぎ。状机とも)とは、(1) 移動用の折畳式簡易腰掛け。(2) 木の板に足をつけた腰掛(大辞林)。

概要[編集]

折畳式の床机は脚をX状に組み合わせ、上端に革や布を張って座席とする。移動時は折りたたんで運搬する。

明治初年の辞典である「言海」の床机の項には、折りたたみ式のみ説明がある。しかし近世でも、茶店の店先などに出す縁台を「しょうぎ」と呼称することが一般的であった[1]

歴史[編集]

床几の古形である胡床(これは中国固有の座具ではないという解釈もある[2])は、中国大陸から日本に伝わった。中華では古代、日本と同じように椅子を用いず床に直接座る習慣があったが、漢代には北方から胡床が伝来し、宮廷から戦場まで広く普及した。唐代には椅子の使用が始まったが、胡床は携帯用座具として重宝されつづけた。

日本では古くから用いられ、古墳時代の埴輪にも見られる他[3]記紀延喜式にも「胡床こしょうあぐら)」の呼称で散見される。腰掛け用として、朝儀の際に武官が用いたと記録にあり、後世には武家が野戦時に帷幕内で用いるほか、鷹狩りでも利用された。

日本では椅子の普及が明治に入ってからであるため、近世に至るまで広く使われ、現代でも神社結婚式場などで使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 「ト長状机に腰を懸ける」(助六所縁江戸櫻) 、「弥次郎がやすんでゐる(茶店の)向ふのしゃうぎにこしをかける」(東海道中膝栗毛) 等
  2. ^ 胡床 とは - コトバンク(世界大百科事典 第2版)
  3. ^ 床几 とは - コトバンク世界大百科事典 第2版)

関連項目[編集]