平岡通倚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平岡 通倚(ひらおか みちより、生没年不詳)は、戦国時代武将河野氏の家臣。平岡房実の子。官位は遠江守。房実の後を継ぎ荏原城主となった。名は通房とも。

伊予に侵入する各軍勢と戦火を交えた。

天正13年(1585年)、豊臣秀吉四国征伐に対し、湯築城二ノ丸を守備したが落城。その後、秀吉の家臣となる。翌天正14年(1586年)には、九州出兵に従軍し、河野通直とともに安芸竹原に赴いた。

墓は愛媛県松山市浄瑠璃寺にある。