宗教改革記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
95ヶ条の論題を貼り付けた扉

宗教改革記念日(しゅうきょうかいかくきねんび ドイツ語: Reformationstag,英語: Reformation Day)は、マルティン・ルターが宗教改革を始めたことを記念する日で、ユリウス暦の10月31日である。 いくつかの国及びドイツのプロテスタント信者が多い一部の州(ブランデンブルク州メクレンブルク=フォアポンメルン州ザクセン州ザクセン・アンハルト州チューリンゲン州)では、この日は休日となっている。日本をはじめ多くの国のプロテスタント教会では、10月31日の直前の日曜日に宗教改革記念日礼拝が行なわれる。

1517年のこの日にマルティン・ルターヴィッテンベルク城教会の扉に『95ヶ条の論題』を張り出した。

ルーテル教会の伝統では、ルターが作曲し、J.S.バッハが編曲したコラール神はわがやぐら』が歌われる。 また、他のプロテスタント教会でも、讃美歌集(教派によって歌集の書名は異なる)に所収されている同じ曲が歌われる。

なお、ハロウィンカトリック諸聖人の日の前夜祭)とは同じ日であるが両者の間に関連性は無い。  

  【参考】

ユダヤ教からキリスト教(プロテスタント)に改宗したドイツの作曲家メンデルスゾーンは、ルター作曲によるコラール神はわがやぐら』を引用して、交響曲第5番「宗教改革」を作曲している。