孫ピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「孫臏」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
孫臏

孫臏(そんぴん、紀元前4世紀頃)は、中国戦国時代軍人思想家兵家の代表的人物の一人。孫武の子孫であるとされ、孫武と同じく孫子と呼ばれる。『孫臏兵法』は孫臏の手によると推定されている。この他、『孫臏拳』も彼が創始したと伝えられている。現代中国の簡体字では孙膑と表記される。

略歴[編集]

前歴[編集]

阿(現山東省陽穀県)・鄄(現山東省濮県)の間の辺りにて生まれる。「」とは足切り刑のことでおそらく本名とは思われず、足切り刑を受けたためにこのような名で呼ばれるようになったと思われる。本名およびその父を初めとする家族に付いても不明。

若い頃、龐涓中国語版鬼谷子の下で共に兵法を学び、龐涓に仕官して恵王の元で将軍になることができた。しかし龐涓孫臏に自分が及ばないことを感じていたので、偽って孫臏を魏へと招待し、孫臏を罪に陥れ、脚を切断する刑と額に罪人の印であるを入れる刑に処した[1]。その後、斉の使者が魏へとやってきた際に密かにこれと面会して、使者と計らって魏を脱出することに成功した。

斉にて[編集]

斉では将軍田忌中国語版となる。ある時、斉王(威王)と公子たちと田忌が馬を三組ずつ出して勝負する競馬を催した。孫臏は田忌に対して、上等の馬が出る競走に田忌の所有する下等の馬、中等の馬が出る競走に上等の馬、下等の馬が出る競走に中等の馬を出させることによって、田忌を二勝一敗させ千金を儲けさせた。これに気を良くした田忌は王に孫臏を推薦し、王は孫臏を兵法の師と仰ぐようになった。

桂陵の戦い[編集]

魏がを攻撃し、趙の都を包囲した。趙は斉に救援を求め、斉王は田忌を将軍とし孫臏と共に派遣した。だが、孫臏は趙に向かおうとする田忌を「喧嘩を止めさせる時は殴り合いに加わるものではなく、絡んだ紐を解く時は無闇に引っ張らないものです」と途中で留め、魏本国を攻めさせた。魏の本国には弱小老兵が残っているだけだったので、趙を包囲していた魏の主力軍は慌てて包囲を解き急いで引き返したが、強行軍で疲労困憊したところを斉軍に攻められ大敗(桂陵の戦い中国語版)。こうして孫臏は趙を救った(これが囲魏救趙という故事となった)。

馬陵の戦い[編集]

13年の歳月が流れ、魏が龐涓を将軍としてを攻めると、再び田忌が将軍、孫臏が軍師となって韓の救援に派遣された。斉軍は前回同様魏の都を攻めようとしたが、龐涓も流石これに備えて本国にも精強な兵を残しており、斉軍を足止めする一方、韓攻略隊も引き返させた。防衛隊と攻略隊で挟撃しようというのである。これを知った斉軍は撤退するが、龐涓は打撃を与えるべく追撃する。撤退戦であれば追撃する側が圧倒的に有利だからである。

しかし、孫臏は撤退する振りをしつつ、龐涓の「魏の兵は命知らずの猛者だが、斉の兵は臆病者だ」という驕りを逆手に取り、斉軍の陣営のの数を前の日の半分、次の日は更に半分という風に減らしていき、脱走兵が相次いだかのように偽装していた。これを見た龐涓は、更に勢いづいて足の速い騎兵だけを連れて追撃を図った。一方、孫臏は、その先の隘路である馬陵の地で、仕込みを始める。木の枝に板を吊るして「龐涓死于此樹之下龐涓この樹の下にて死せん)」と書き記し、道の両側の兵を伏した。

果たして計算通り、夜半になって当地に龐涓が到着し、板を見つけてこれを読もうして火を掲げた。これに伏兵が一斉に矢を放ち、魏軍は慌てて逃げ出した。自らが負けたことを悟った龐涓は「遂成豎子之名(遂に豎子の名を成さしむ)」と言い残して自刎し、魏の太子申は捕虜にされた[2]。司令官を失った魏軍は斉軍に蹴散らされることとなった。

この馬陵の戦いの勝利により、兵家孫臏の名は天下に響いたと伝えられる。孫臏のその後に付いては史書に記述が無い。

孫臏兵法[編集]

孫臏孫武と同じく兵法書を著したが、彼の兵法は孫武の『孫子』と区別して『斉孫子』などと呼ばれていたらしい。しかしながら、次第に散逸し、あるいは現存する『孫子』自体が孫臏の著作ではないかとも推定されていたが、1972年に至って山東省孫臏の著した兵法書の竹簡孫子が発掘されたことにより、『孫子』の著者ではないことが明らかになった。この新出土の兵法書は『孫臏兵法』と名づけられている[3]

孫臏を題材にした作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、これは後世に編まれた『史記』にのみ見られる記述であるため、宮城谷昌光は著書の中で「龐涓による私刑ではなく、何らかの理由で魏の朝廷に処罰された可能性も否定できない」という異説をしばしば唱えている。
  2. ^ 戦国策』「巻23魏2斉魏戦於馬陵」によると、龐涓は斉軍に捕虜にされ、太子申は戦死したと記されている。「龐涓戰于馬陵 魏師大敗 殺太子申 慮龐涓」(原文)。また、『孟子』によると魏の恵王が晩年に孟子と会見した時に「私は先年に、可愛い息子を陣没で失ってしまった」と嘆いていたことが伝えられている。
  3. ^ 詳しくは、金谷治訳注『孫臏兵法』-もうひとつの孫子』(ちくま学芸文庫 2008年

外部リンク[編集]