装具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

装具(そうぐ、Orthotics)とは、事故病気戦争などで四肢・体幹に機能障害を負った場合において、四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具。

概要[編集]

上肢下肢のいずれも存在するが、一般的に上肢に装着するものを「シーネ」と称し、(狭義の使い方として)下肢に装着するもののみを単に「装具」と呼称することがある(いずれも肢装具であること自体は変わらない)。

また、こうしたものを採型または採寸して製作し、装着できるようにする専門家を義肢装具士と呼ぶ。

変形を矯正する物や身体の機能の代償を行う物等があり、コルセットサポーターと呼ばれているものがある。また、靴型装具として整形靴もふくまれる。

あるいは武装の際に身に着けるものでもあり、化粧の道具や室内の飾りつけに使われる言葉でもある。


種類[編集]

  • ナックルベンダー:鷲手のときに用いる
  • 対立副子:猿手のときに用いる
  • コックアップスプリント:下垂手のときに用いる
  • 短下肢装具:下垂足のときに用いる

関連項目[編集]