鬼谷子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『鬼谷子』(きこくし)は中国戦国時代に鬼谷(鬼谷子)によって書かれたとされる書。遊説の方法について書かれている。

概要[編集]

鬼谷はの人であるが、稷下の学士であったかどうかは不明であり、専門といえば、国際外交のような謀略である。学問というよりは、術のようなものに属していた。

史記』によると、鬼谷は縦横家蘇秦張儀の師とされる。「孫龐演義」という小説では、孫臏龐涓中国語版の師としている。しかし、鬼谷の伝はなく、存在が疑われている。また、『鬼谷子』の名は『隋書』「経籍志」に初めて見え、『漢書』「藝文志」には見えないため、後人の仮託とする者もある。だが、『漢書』「藝文志」に『蘇子』の名があるが、『隋書』「経籍志」にその名が見えないことから、欧陽脩のように、『鬼谷子』を蘇秦の作と考える者もいる。それに、鬼谷子には物語のような話が多いことこら、近代の擬古派史家の中には、前記のような鬼谷子を蘇秦の作とすることから発展し、鬼谷も蘇秦も存在しなかった、という説がある。おそらく鬼谷子の物語のような要素は、後の時代の人が創り出したとも考えられる。

道教では鬼谷子を「古の真仙」とみなし、人間界で100歳あまり生き、その後は分からないとしている。本の『鬼谷子』は道教の経典『道藏』に保存されている。民間の伝説では鬼谷子は占い師の開祖であり、道教では鬼谷子を玄都仙長と尊称する。

参考文献[編集]

  • 大橋武夫著『鬼谷子:国際謀略の原典を読む』(徳間書店、1982年) ISBN 4192425963
  • 酒井洋著『鬼谷子の人間学:孫子が超えられなかった男:より巧みに生きる縦横学的発想のすすめ』(太陽企画出版、1993年) ISBN 488466213X
  • 佐藤仁「鬼谷子について」(『九州大学大学院人文科学研究院哲学年報』18、1955年)
  • 緒方優子「「鬼谷子」考:史書の記録と伝説」(『筑紫語文』13、2004年)
  • 陳舜臣『中国の歴史 🈔 大統一時代 漢王朝の光と影』(東洋印刷/凸版印刷/大口製本印刷、1986年)124ページ